相鉄線・星川駅~天王町駅間の高架下に歩行者空間や広場、商業施設など計画

横浜・星川駅~天王町駅間の高架下空間に歩行者空間や広場、商業施設を計画

相鉄アーバンクリエイツおよび相鉄ビルマネジメントは、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業において、2018年11月の全線高架化により創出された高架下空間の開発計画に着手し、星川駅と天王町駅西側エリアを第I期開発区域として、2022年冬の開業を目指します。

本計画は、ウィズコロナ・アフターコロナなどの社会環境の変化を踏まえ、地域の方とクリエイティブな人材とのつながりによって新たなまちの魅力を創出し、まちの活力を高めることを目的とするもの。

“「社会・地域に働きかけ、変化を楽しむ人」がつながる 生きかたを、遊ぶまち”をコンセプトに、まちを成長させる拠点や、より良いまちづくりのため、歩行者空間や広場、商業施設の計画を進めます。

星川駅~天王町駅間 高架下空間の開発計画

本計画では相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業において全線高架化により創出された、全長約1.4kmのエリアを複数のゾーンに分けて開発します。

開発エリア

第I期開発区域となる星川駅部と天王町駅西側エリアの敷地面積は合計で約14,000㎡。

星川駅部には、食物販店およびスーパーマーケット、カフェなど暮らしを支える拠点を展開。天王町駅西側エリアでは、YADOKARIおよびオンデザインパートナーズと連携し、コミュニティビルダーや「変化を楽しむ人」が生活を営みながら活動し、地域の交流イベントを開催するなど、まちに変化を与え、新しい生き方を提案していく場を創出します。

高架下空間の開発イメージ

※画像はイメージです。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント