横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2022」鮮やかな花々で心和らぐ!春爛漫の癒しスポット

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2022」春の花々で心和らぐ!春爛漫の癒しのスポット

横浜赤レンガ倉庫のイベント広場で“BRIGHT”をテーマとした「フラワーガーデン2022」が始まりました。※入場無料

毎年横浜の春を明るく鮮やかに彩る恒例イベントで今年は2022年3月31日(木)から4月24日(日)まで開催。

横浜ベイエリア各所で桜が満開を迎えている開催初日、今年も春爛漫な時間を過ごしてきたのでご紹介です。

フラワーガーデン2022 会場レポ

横浜赤レンガ倉庫に春の花々を楽しめる期間限定のエリア「フラワーガーデン2022」が誕生。

横浜港を臨む開放的な空間に草花が咲き並び、歴史的建造物とともに春を香りとともに満喫できます。

フラワーガーデン2022

今年は晴れやかな明るい気分に、未来が明るく開けたものになってほしいという想いから“BRIGHT”をテーマに開催。約20種類23,000鉢の花々を円形にレイアウトします。

フラワーガーデン2022

入口には廃自動車を活用したディスプレイをイベント名を記したボードともに配置。

ウェルカムボード

こうしたサステナブルをテーマにしたエリアを設けるのは本イベントでは初めてで会場内には履けなくなったジーンズに土を詰めて花を植え込んだジーンズディスプレイ、古木材を利用したテラス風ガーデンなどを各所に展開します。

フラワーガーデン2022 タイヤ

ジーンズディスプレイ

今年で文化・商業施設としてオープンして20周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のお祝いと感謝の気持ちを込めて配置されたフラワーギフトボックスも大きく目を惹き可愛らしかったです。

フラワーガーデン2022 フラワーギフトボックス

花々で鮮やかに彩られた会場は両サイドに花々が咲き並び、エリアの内外どこからも見え、写真も撮って楽しめます。

フラワーガーデン2022

フラワーガーデン2022

今年は「サンリオ展」とのコラボにより花でつくられたオリジナルデザインのハローキティも出現。

少し上からカメラやスマホを構えると青いラインと花々で描かれたハローキティが浮かびあがるので「フラワーガーデン」に行く方は会場でお試しを。

フラワーガーデン2022 ハローキティ

会場中央のグリーンエリアには、花場を寛いで眺められる人工芝のベンチ、カラフルに塗装したタイヤで遊べるエリアなど、思い思いの時間を過ごせるよう各所にスポットが設けられていました。

人工芝ベンチ

グリーンエリアでは軽食やドリンクを楽しめるキッチンカーも出店。

キッチンカー

お花を愛でながらエーデルフラワーの香りを楽しめるルイボスティーを味わうも良し、思わず写真を撮りたくなる三浦野菜のガーデンサラダで少しお腹を満たすも良し、目で見ても楽しめるフード等も取り揃えます。

キッチンカー

キッチンカー

期間中はベイエリアを一望できるドッグランをドッグランを設ける他、ガーデン内にはエリアと連携して横浜市主催のガーデンネックレス横浜のシンボルキャラクター・ガーデンベアも遊びに来ているなど見所や楽しみ方はさまざまです。

ガーデンベア

横浜港と一緒に花々を楽しめる本イベントは2022年4月24日(日)まで開催中。17時半から20時まではライトアップも実施します。※最終日は18時まで。

フラワーガーデン2022 開催概要

■ 期間
2022年3月31日(木)~4月24日(日)
※ライトアップ 17:30~20:00(イベント最終日のみ~18:00)

ドッグラン期間
2022年4月19日(火)~24日(日)

■ 入場料
無料(飲食・物販代は別途)

■ 場所
横浜赤レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク

■ 花の種類(予定)
ペチュニア(白、レッドモーン、ブルー、ローズピンク、サーモン、バーガンディ、赤)、アリッサム(白)、マリーゴールド(サファリ、オレンジ、イエロー)、ムルチコーレ、ワスレナグサ、ネモフィラ、デージー(ストロベリー&クリーム)、ダイアンサスオスカー、ミニバラなど

<サステナブルフラワーイベント概要>
本イベントで使用したお花を希望の方に無料配布
実施日時:4月24日(日)14:00~16:00
料金:無料
場所:会場内特設ブースにて受付

\ 3年ぶり開催決定 /
2022年4月28日(木)〜

おすすめ関連情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#