横浜駅「茶BAR(バー)」のタピオカドリンク、茶ラテと岩塩クリーム茶W体験

横浜駅「茶BAR(バー)」のタピオカドリンク、茶ラテと岩塩クリーム茶W体験

お茶とタピオカ専門店「茶BAR(バー)」が横浜駅・マルイシティ横浜に初上陸!

お茶もタピオカも大好きな私としては今日まで横浜に店舗展開していないことが不思議でしょうがなく、オープンを心待ちにしてました。

茶BARのタピオカドリンクを飲むのは初めて。迷って選びきれなかったため、今回は岩塩クリーム茶「クリームセイロン紅茶ラテ」と茶ラテ「ほうじ茶ラテ」の感想をダブルでご紹介です。

茶BAR(バー)について

横浜駅東口・マルイシティ横浜の地下2階に本日(2019年3月27日)オープンした「茶BAR(バー)」。

茶BAR(バー)

横浜ポルタを抜け、マルイシティ横浜の入り口すぐという出店位置も通いやすく魅力的で、今後さらに横浜エリアのタピオカ人気が高まりそうな予感…。

オープン日ということもあり、お店は平日にも関わらず大盛況。

お茶とタピオカを専門に扱うお店で、以前ご紹介した横浜ビブレ内のタピオカドリンク店「パールレディ」の姉妹ブランドでもあります。

茶ラテと岩塩クリーム茶のW体験

初来店のときは「タピオカミルクティー」の注文一択の私ですが、同店のメニューを見てみると…

茶BAR(バー)メニュー

とにかく種類が豊富、かつ「タピオカミルクティー」と書かれたメニューはなく普通に困惑。

おすすめを選ぼうにも印が多く、どれも美味しそうで試してみたくなかなか選べなかったため、大胆にも「岩塩クリーム茶」と「茶ラテ」の中からひとつずつ購入しました。※後日「霧ほうじ茶ミルク」も頼んでみました。

トッピングは、大粒タピオカや黒糖タピオカ、ゼリー、ナタデココから好きなものを入れられ、躊躇なく大粒タピオカを選択。同店のタピオカはパールレディと同様に国内自社工場生産の“生タピオカ”を使用します。

茶BAR(バー)トッピング

バード系ではなくお茶に合う柔らかさで、他のどのお店よりも凄くモチモチとした食感が美味しく、タピオカ好きに全力おすすめ。

お茶の甘さや氷の量も自分の好みでカスタマイズできる点も良かったです。

岩塩クリーム茶「クリームセイロン紅茶ラテ」 420円

岩塩クリーム茶「クリームセイロン紅茶ラテ」

マスカルポーネクリームチーズが入った甘いクリームに岩塩が振りかけてある、珍しいタイプのドリンクです。

最初はストローを通さないでクリームを、そのあとは下のお茶だけ、最後に混ぜていただきます。

塩のインパクトが強く滑らかな口当たり、セイロン茶なので癖もなくサラッとし、クリームを混ぜると全体が一気にマイルドになり3度楽しめます。

チーズティーをイメージしていましたが、マスカルポーネチーズのためチーズの味はだいぶ控えめ、生クリームほどくどさはなく、トロッとした喉越しをプラスして楽しめました。

茶ラテ「ほうじ茶ラテ」 370円

茶ラテ「ほうじ茶ラテ」

渋みがほんのり感じられてお茶自体が美味。

和の味わいを感じながら飲めるので落ち着くやさしさがあり、ミルクも甘ったるさなくほうじ茶の香りとともに十分お茶も楽しめる後味スッキリのドリンクです。

個人的には前者よりも「ほうじ茶ラテ」の方に惹きつけられました。店員さん曰く、お店でも人気メニューとのこと。

タピオカとの組み合わせ最高でした。

注文に迷ったら…

どちらも非常に美味しく選んでも失敗しないタピオカドリンク

タピオカドリンク

交互に飲んだからこそわかる視点でいうと、両方ともお茶自体の癖は少なく飲み続けやすく、和と洋の気分で飲みたい方を決めるのがおすすめです。

よりサラサラっと飲みたいときは本日ご紹介したものの他にストレート茶ベースもあり、またラテベースの岩塩クリーム茶よりは茶ラテの方が比較すると圧倒的にサラッと飲めたのでその辺りも選ぶ参考に。

横浜駅東口で美味しいタピオカドリンクを飲むなら知っておきたい・横浜初上陸のタピオカドリンク店のご紹介でした。

横浜駅周辺のタピオカドリンク店

おすすめタピオカドリンク

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜駅「茶BAR(バー)」のタピオカドリンク、茶ラテと岩塩クリーム茶W体験