横浜の連節バス「ベイサイドブルー」が運行開始、ルートや運賃 あかいくつ等は再編

横浜の連節バス「ベイサイドブルー」が運行開始、ルートや運賃 あかいくつ等は再編

横浜ベイエリアの新たな交通の軸として、横浜駅東口から山下ふ頭までの水際線沿いの主要な施設を結ぶ連節バス「ベイサイドブルー(BAYSIDE BLUE)」が、2020年7月23日(木・祝)より運行を開始します。

停留所数は下り・上りともに8か所、運行頻度は概ね1時間に2便を予定しています。

また「あかいくつ」等の都心臨海部のバス路線についても「ベイサイドブルー」と乗換利便性を高め、より便利に安心して周遊できる環境を整備します。

ベイサイドブルー 運行について

新たに運行が始まる「ベイサイドブルー」は、全長約18メートル、定員数113人の連節バス。運賃は大人220円、小児110円で各種1日乗車券も利用可能です。

ベイサイドブルー

横浜駅の東口バスターミナルを起点とし、高島中央公園やパシフィコ横浜ノース、パシフィコ横浜、カップヌードルパーク・ハンマーヘッド入口、大さん橋、山下公園前、終点の山下ふ頭までを運行。上りは山下町や中華街入口、赤レンガ倉庫前などに停車しながら横浜駅改札口前に向かいます。

ベイサイドブルー  運行ルート

運行時間は10時~19時台までで、平日は15〜16便、土休日は18便の運行予定です。

■ ベイサイドブルー時刻表(2020年6月23日発表時点)

運行時間
6月23日発表時点の時刻表

ベイサイドブルーは前車室の前と後ろ、後車室の後ろに幅の広い扉を設けます。(前扉から乗車、中扉・後扉から降車)

ベイサイドブルー

一番後ろの席にはグループや家族で利用できるようにボックス席を完備、知らない人同士で向かい合っても十分な距離を取れる広さを確保します。

ベイサイドブルー ボックス席

車内もゆったりし、ボックス席のほかにも2人掛けシート、ひとり用シート、さらにベビーカーや車椅子も安心の広々としたノンステップエリアも備えます。

ベイサイドブルー 車内の様子

※バス車内を詳しく知りたい方は過去記事参考

ベイサイドブルー 運行概要

■ 運行開始日
2020年7月23日(木・祝)

■ 運行ルート
横浜駅前(東口バスターミナル)~山下ふ頭

■ 運行距離
下り 5.95km
上り 6.45km

■ 運行時間帯
10:00~19:00時台(概ね2便/時)
※運行ダイヤ前述画像参照

■ 停留所数
下り 8か所
上り 8か所

■ 所要時間
下り 34~39分
上り 37~42分

■ 運賃
大人 220円 / 小児 110円
※各種1日乗車券も利用可能

■ 乗車方法
前扉から乗車、中扉・後扉から降車

都心臨海部バス路線の再編

ベイサイドブルーの運行開始にあわせ、都心臨海部の既存バス路線を再編し、「ベイサイドブルー」を軸として「ピアライン」「あかいくつ」等との乗換利便性を強化することで、地域の賑わい創出や回遊性促進、また混雑緩和に寄与する便利なバスネットワークを構築します。

都心臨海部バス

■ あかいくつ 再編ポイント
ルートに「横浜ハンマーヘッド(新港ふ頭客船ターミナル)」追加
ベイサイドブルーと運行ルートが重複する「みなとみらいルート」は廃止

主な停留所:桜木町駅前~ハンマーヘッド~赤レンガ倉庫・マリン&ウォーク~中華街~元町入口~港の見える丘公園前~山下公園前~大さん橋客船ターミナル~桜木町駅前

■ ぶらり三溪園BUS 再編ポイント
三溪園への速達性を高め、横浜駅前から三溪園まで約10分短縮

主な停留所:横浜駅前(東口バスターミナル)~桜木町駅前~中華街入口~三溪園

■ ぶらり野毛山動物園BUS
平日・土休日ともに、「ぴあアリーナMM」等のみなとみらいエリアに停車

主な停留所:横浜駅前(東口バスターミナル)~ぴあアリーナMM~桜木町駅前~野毛山動物園前~一本松小学校前

■ ぶらり赤レンガBUS
ベイサイドブルーと運行ルートが重複するため廃止

都心臨海部の既存バス路線 ルート
7月23日以降のバスルート図

横浜市リリース
※本記事掲載のバス写真はいずれも過去撮影したもの

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜の連節バス「ベイサイドブルー」が運行開始、ルートや運賃 あかいくつ等は再編