京急油壺マリンパーク2021年9月30日閉館 建物や設備の老朽化

京急油壺マリンパーク2021年9月30日閉館 建物や設備の老朽化

京急電鉄は「京急油壺マリンパーク」を2021年9月30日(木)をもって閉館すると12日(水)に発表しました。

同パークは1968年(昭和43年)に京急電鉄創立70周年記念事業として開業。

開業当時は、東洋一といわれた大回遊水槽をはじめ、魚の生態をいろいろな角度から示し、世界でも例を見ない水族館として運営されていました。

閉館の理由は、建物や設備の老朽化。これ以上の維持管理は困難であると判断したと説明します。

動物類については、他の施設と受け入れに関する協議を進め、閉館後も飼育・施設管理に必要な要員・体制を維持し、すべての動物類の移譲を完了するまで、責任をもって対応するとしています。

公式サイトでは「開業から53年間、地域の皆さまをはじめ、たくさんのお客さまにご愛顧いただきましたことに、厚く御礼申し上げます。」とコメントしています。※冒頭画像は過去撮影したもの

京急油壺マリンパーク 施設概要

■ 開業時期
1968年(昭和43)年4月

■ 所在地
神奈川県三浦市三崎町小網代1082

■ 営業時間
9:00~17:00

■ 料金
大人(高校生以上)1,800円 / 中学生 1,300円 / 小学生 900円 / 幼児(3歳以上)500円

関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント