横浜ビールから缶ビール「横浜ウィート」新登場!横浜の小麦を使用した爽やかな白ビール

横浜ビールの缶ビール「横浜ウィート」新登場!横浜の小麦を使用した爽やかな白ビール

横浜ビールは、昨年12月に発売した「横浜ラガー(缶ビール)」に続いて、第2弾「横浜ウィート(缶ビール)」を2021年7月5日(月)より順次発売します。

同社は2016年4月より「瀬谷の小麦ビール」をレギュラー商品として瓶ビールで販売していましたが、今回新たに缶ビールの「横浜ウィート」が登場。

横浜ウィートは横浜市瀬谷区の「岩﨑農園」岩﨑良一氏が栽培した小麦を使用。ビールを通して、生産者の方の人柄や想いを伝えることを大切にしている「横浜ビール」ならではの代表作です。

横浜ウィート(缶ビール)について

横浜ビールは今年22年目を迎えた、横浜に最も古くから存在するクラフトビールメーカー。

地元の方に「ヨコハマには横浜のビールがある」ということを知ってもらい「自分達のビール」として、身近に感じてもらいたいという想いから第1弾の「横浜ラガー(缶ビール)」に続き、「横浜ウィート(缶ビール)」を発売します。

横浜ウィート(缶ビール)

横浜ウィート(缶ビール)は、小麦(ウィート)を原材料に使用し、柔らかな口当たりとすっきりとした飲み口に仕上がっています。ビールのスタイル(種類)は「ベルジャンウィート」。ベルギー酵母による華やかな香りと、小麦の優しい味わいが魅力的な“横浜スタイル”の白ビールです。

第1弾の横浜ラガー缶に続き、「横浜ウィート(缶ビール)」でも横浜浮世絵のデザインを使用。描かれているのは「横浜吉田橋ヨリ馬車道之真図(横浜開港資料館所蔵)」です。

横浜ウィート(缶ビール)デザイン

横浜ウィート(缶ビール)デザイン

横浜ウィート(缶ビール)販売概要

■ 店頭希望小売価格
350円(税込)

■ 販売先
<直営店・通販サイト>
横浜ビール直営店「驛の食卓」・「驛カフェ」・横浜ビール通販サイト

<取扱店舗>
2021年7月5日(月)〜 神奈川県・横浜市内及び周辺一部店舗の「ファミリーマート」約900店舗
2021年7月12日(月)〜 横浜市内一部店舗の「セブン-イレブン」約480店舗
2021年7月27日(火)〜 首都圏一部店舗「ナチュラルローソン」110店舗
※掲載のコンビニエンスストアでは酒類取り扱い店舗での販売・一部店舗では取り扱いがない場合あり

2021年7月5日(月)〜 NEWDAYS 神奈川圏内一部の店舗
2021年7月21日(水)〜 北野エース 関東圏の25店舗(酒類取扱店舗での販売)
その他、首都圏、神奈川・横浜・近郊の百貨店、小売店、飲食店で販売

■ 容量
350ml

■ アルコール
5.5%

■ 賞味期限
240日(常温流通・冷暗所保管)

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント