横浜市電保存館、市電シミュレーターや市電が走っていた時代をYouTubeで公開

横浜市電保存館、市電シミュレーターや昭和の横浜を映像で配信

新型コロナウイルス感染症対策のため臨時休館中の「横浜市電保存館(横浜市磯子区)」は、公式YouTubeチャンネルで市電が当時、横浜の街を走っていた様子など館内シアターで上映している映像市電シミュレーターCG映像を公開。

当時の懐かしい映像とともに、昭和の横浜を自宅にいながら楽しむことができます。

横浜市電保存館は、市電が廃止された翌年の昭和48(1973)年8月に滝頭車両工場跡地に開館し、その後、昭和58(1983)年には、現在の市営住宅1階に建て直されました。

館内には、7両の市電車両、停留所標識、敷石を当時の姿で保存、市電が走っていた時代の「時間」と「空気」を感じられるよう再現されています。※6月1日まで休館

■ 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5XtqwnUnCCWTJhQuFlVoiA

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜市電保存館、市電シミュレーターや昭和の横浜を映像で公開