横浜みなとみらいホール 新感覚バーチャル・フェスティバル、様々な視点で映像体験提供

横浜みなとみらいホール 新感覚バーチャル・フェスティバル、様々な視点で新しい体験提供

横浜市芸術文化振興財団は、新型コロナウイルス感染症の影響で活動の場が減少しているアーティストへの支援として、これまでにない芸術の楽しみ方を提供する新しいステージをWEB上に開設します。

横浜みなとみらいホールをメイン会場として、最新技術を用いた撮影方法によりアーティストのパフォーマンスを収録し、多様な動画コンテンツを制作・配信。

360度カメラや小型広角カメラ、ドローンを使用した、まるで他の動物になったような映像体験が可能になります。

横浜WEBステージ

好きな時間に好きな目で自由に動画を鑑賞できる「横浜WEBステージ」。

360度カメラを使用して全周囲が見える“魚”になったような映像体験や小型広角カメラを使用して“虫”になったような映像体験を提供。

ホールステージ上で円になって収録
ホールステージ上で円になって収録(魚の目)
グランドピアノの内部
グランドピアノの内部(虫の目)

ドローンを使って空を飛ぶ“鳥”になったような映像体験や高解像度カメラを使用した“人間”の空間視認知に近い映像体験など、普段コンサートホールに行くだけでは見られない新しい楽しみ方を提案します。

ホール内上空からの空撮
ホール内上空からの空撮(鳥の目)
近距離での広角撮影
近距離での広角撮影(人の目)

誰もが好きな時間にコンサートホールを訪れ、自由に鑑賞することが可能になります。

横浜WEBステージ 概要

■ 期間
2020年9月1日(火)~2020年2月27日(土)

■ 配信
横浜WEBステージ特設サイト(8月中旬以降にオープン予定)

■ エグゼクティブ・プロデューサー
新井鷗子(横浜みなとみらいホール館長)

■ クリエイティブ・ディレクター
田村吾郎(RamAil.LLC代表)

■ 出演者(一部・順不同)
川瀬賢太郎(指揮)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団(管弦楽)、山田和樹(指揮)、横浜シンフォニエッタ(管弦楽)、石田組(弦楽アンサンブル)、﨑谷直人(ヴァイオリン)、阪田知樹(ピアノ)、浅井美紀(パイプオルガン)ほか

■ 料金
無料(利用には通信料が別途発生)

■ 主催
横浜みなとみらいホール(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜みなとみらいホール 新感覚バーチャル・フェスティバル、様々な視点で新しい体験提供