横浜市立図書館、6月10日より閲覧フロアの図書貸出を再開

横浜市立図書館、6月8日より閲覧フロアの図書の貸出を再開

横浜市立図書館は、予約していた図書・雑誌の受け取りや返却など利用できるサービスを限定していましたが、2020年6月10日(水)より閲覧フロアを開放。

これにより閲覧フロアに入って図書を選び、借りられるようになるほか、同日より開館時間も通常に戻ります。

横浜市立図書館 6月10日より利用可能なサービス

■ 開館時間(6月10日〜)
火〜金:午前9時30分から午後7時まで(中央図書館・山内図書館は午後8時30分まで)
土・日・月・祝(休):午前9時30分から午後5時まで
※6月15日(月)は施設点検日のため休館

閲覧フロアに入って図書を借りられるようになりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスク着用や少人数での来館などに加えて滞在時間は30分程度にと呼びかけています。

また雑誌の最新号や新聞の閲覧は引き続き不可、座席も利用できないのでご注意ください。

■ 6月10日より利用可能なサービス
閲覧フロアへの立ち入り(緑図書館は空調設備修繕工事のため、子ども図書室のみ利用開始。詳細は緑図書館公式サイト確認)
閲覧フロアにある図書の貸出
コピー機の利用
レファレンス(30分を超えるレファレンスは後日回答)
団体貸出(希望の場合は登録されている図書館へ連絡)

■ 利用できないサービス
雑誌の最新号、新聞の閲覧
座席、学習室、会議室等の利用
視聴覚資料の利用
インターネット、オンラインデータベース閲覧用のパソコン

■ 6月9日までの図書館サービス内容

※冒頭画像はイメージです。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント