横浜ランドマークタワー展望フロア「スカイガーデン」に空の図書室や空中散歩マップ、カフェなど誕生!

横浜ランドマークタワー 展望フロア「スカイガーデン」に空の図書室やカフェ、空中散歩マップ誕生!

横浜ランドマークタワー(横浜みなとみらい)69階展望フロア「スカイガーデン」は、“YOKOHAMA360°”をコンセプトに2020年4月25日(土)にリニューアルオープンすることを発表。

今回リニューアルで歴史や文化をインタラクティブな映像展示で体感できる「空中散歩マップ」、横浜・神奈川と空に特化したライブラリー「横浜・空の図書室」の創設や「スカイカフェ」などを展開します。

これまで同様、地上273メートルからの景観を360°楽しめることに加え、多層的な横浜の魅力を様々なコンテンツで体験できるようになります。

展望フロア「スカイガーデン」リニューアル

スカイガーデンは、展望フロア一周(360°)を楽しめ、様々なコンテンツを通して多角的(360°)な視点で横浜を知れ、世代・国籍を問わず誰もが多様な過ごし方(360°)で楽しめる空間にリニューアル。

リニューアルコンセプト

今回のリニューアルを通じ、横浜を訪れたらまず初めに足を運びたくなる観光スポットへ、そして、来訪をきっかけに一層横浜・神奈川の街を知り歩きたくなる場所へ、さらには横浜・神奈川で暮らし働く多世代の人々にとって地元がより好きになる憩いの場へと生まれ変わります。

横浜の海や街を一望する展望フロア一周を、まるで海辺の公園を散歩しているようなデザインに、公園をイメージしたゆったりと広がる階段状のフロアや横浜の空・ビル群・海・夜景を抽象化したグラフィックで空間にアクセントを加えます。

リニューアルした展望フロア「スカイガーデン」イメージ

リニューアルのポイント

1.横浜・空の図書室
「横浜・神奈川」と「空」に特化した本を約2,000冊厳選したコンセプト型のライブラリーを創設。

横浜・空の図書室

横浜・神奈川のガイドとなるような本はもちろん、この地を舞台とした小説・マンガ・絵本・写真集、ゆかりの人々の著作から、展望フロアでの読書にぴったりな「空」にまつわる本など多岐にわたる本を取り揃え、横浜・神奈川を一歩深く知ることができる場を提供します。

また毎月書籍が入れ替わり、常に新しい本との出会いを提供するほか、街と文化を深めるテーマでの定期的なイベント開催も予定しています。

2.空中散歩マップ
横浜の街が床や壁に投影された空間に足を踏み入れると、横浜発祥の地、現代の観光スポット、歴史的建造物、横浜ゆかりのヒーローなどが姿をあらわします。

空中散歩マップ

多層的に重なる横浜の 歴史と文化をインタラクティブな体験を通して、小さな子どもから訪日観光客まで幅広い方が楽しめます。

3.スカイカフェ
富士山をはじめ関東平野を一望できるカフェスペースは、従前から面積を拡大し、より多くの方が展望フロアで過ごす時間を楽しめるよう工夫。

スカイカフェ

階段状に広がるゆったりとした席は、天空の公園で飲み物を片手にベンチに腰掛けるようなおだやかな時間を演出します。ランドマークタワーオリジナルカクテルや横浜クラフトビール、また、スカイガーデンの高さ273メートルにちなんだ273ミリのソフトクリームなどを楽しめます。

4.タワーショップ
ユニークなステーショナリーやアクセサリーから、横浜の代表的な歌「赤い靴」をモチーフにしたチョコレート菓子、横浜から広まったカレーライスなど、横浜・神奈川のローカルな商品をはじめ、スカイガーデンオリジナルの限定グッズなどここでしか買うことのできないギフトを取り揃えます。

タワーショップ

施設概要

■ 所在地
横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号

■ 営業時間
通常営業10:00~21:00(最終入場:20:30)
延長営業10:00~22:00(最終入場:21:30)
※毎週土曜日、その他特定日

■ 入場料金(税込)
大人(18~64歳)1,000円、65歳以上・高校生 800円、小・中学生 500円、幼児(4歳以上)200円

■ 高さ
296メートル

なお、同施設はリニューアルのため2020年1月6日(月)~2020年2月16日(日)は縮小営業、2020年2月17日(月)~2020年4月24日(金)までは臨時休業となるのでご注意ください。

※画像はすべてイメージ

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜ランドマークタワー 展望フロア「スカイガーデン」に空の図書室やカフェ、空中散歩マップ誕生!