横浜市営バス「東京2020オリンピック」交通規制で迂回運行・起終点変更!7月11日〜8月9日

横浜市営バスは、東京2020オリンピックの野球・ソフトボールの試合開催に伴い、横浜スタジアムの周辺道路において交通規制が行われるため、迂回運行・起終点変更を実施します。

対象実施期間は2021年7月11日(日)から2021年8月9日(月)まで。

迂回運行の対象の市営バスは101系統・105系統・106系統・328系統・32系統、起終点変更は32系統と79系統です。199系統は「関内駅北口」を含め通常通りに運行。

■ 休止バス停
地下鉄関内駅(両方向)/ 開港記念会館前(両方向)

■ 移設バス停
港町(両方向)/ 横浜スタジアム前(元町方向)

迂回運行 案内図

系統 変更内容
101系統
105系統
106系統
328系統
【迂回運行】
「馬車道」
 ↕(「地下鉄関内駅」は休止)
「港町」(仮設)
 ↕
「横浜スタジアム前」(元町方向のみ仮設)
※328系統は「地下鉄関内駅」の代わりに「馬車道」に停車
※105系統は「地下鉄関内駅」行→「馬車道」行、「地下鉄関内駅」発→「馬車道」発に変更
32系統 【迂回運行】
「保土ケ谷車庫前」
 ↕「本町4丁目」経由
「日本大通り駅県庁前」/「新県庁前」
【起終点変更】
「港町」行は終点バス停を「羽衣町」に変更・「関内駅北口」発は始発バス停を「羽衣町2」に変更
79系統 【起終点変更】
「港町」行は終点バス停を「羽衣町」に変更・「関内駅北口」発は始発バス停を「羽衣町2」に変更

横浜市営バス 迂回運行・起終点変更概要詳細

東京2020オリンピック 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント