横浜赤レンガ倉庫、2022年5月9日〜順次休館12月頃まで 大規模改修工事

横浜赤レンガ倉庫、2022年5月9日から12月頃まで大規模改修工事により休館

横浜赤レンガ倉庫は、2022年5月9日(月)より設備メンテナンスに伴う大規模改修工事のため休館すると発表。

休館期間は同年12月頃までの予定で、期間中の季節恒例イベントについては引き続き開催するとしています。

横浜赤レンガ倉庫は、1911年に2号館が竣工してから横浜のシンボルとして多くの方に親しまれ、2002年に文化・商業施設として生まれ変わってからショッピングやグルメ、イベント等を楽しめる場として累計1億人以上が来場。開業から20周年を迎える今年、これからも横浜赤レンガ倉庫を快適に利用できるよう大規模改修工事に伴う休館が決定されました。

横浜赤レンガ倉庫 休館について

■ 休館期間
2022年5月9日(月)より順次〜12月頃(予定)
※1号館3Fホール・2Fスペースでは、5月下旬までイベント開催
※詳細は横浜赤レンガ倉庫公式サイト・SNS等にて随時案内

■ 休館の目的
設備メンテナンスに伴う大規模改修工事のため

■ 開催予定主催イベント
・YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022(6月4日~5日)※初開催
・CURRY&MUSIC JAPAN(7月中旬)
・RED BRICK RESORT(7月下旬~8月下旬)
・横浜オクトーバーフェスト(9月下旬~10月中旬)
・Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫(11月下旬~12月25日)
・アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫(12月上旬〜2月中旬)など

一時休館キービジュアル
一時休館キービジュアル

横浜赤レンガ倉庫 おすすめ情報

※掲載情報は公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものと参考にしていただき最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント