ブリキのおもちゃ博物館(横浜山手)は北原コレクション満載!“トイストーリー”モデルの地

ブリキのおもちゃ博物館(横浜山手)は北原コレクション満載!“トイストーリー”モデルの地

横浜山手の一年中クリスマスのお店「クリスマストイズ」と同じ敷地にある「ブリキのおもちゃ博物館」。

ここでは玩具コレクターの北原照久さんが収集した玩具約3,000点を常設展示し、貴重なブリキを間近で見て楽しめます。

ブリキのおもちゃ博物館について

ブリキのおもちゃ博物館には1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された玩具を展示。

ブリキのおもちゃ博物館 外観・入口

大人200円(税込)で館内の玩具を自由に見学できます。

ブリキのおもちゃ博物館 館内のブリキの展示

古い洋館を改装した1フロアのみの博物館。広さだけでいえば小ぶりの空間ではあるけれど、おもちゃの魅力はギュッと詰まり、お客さんは他に誰もおらず貸切状態でゆっくりと見学できたのも良かったです。

ブリキのおもちゃ博物館 トミカ

こちらに展示されている玩具は北原さんがコレクションとして集めていたもので、自宅ではスペースに限界があることから多くの人に見てもらおうと1986年に開館。

乗り物やロボット、動物やキャラクターなどブリキの種類は多種多様でタイムスリップしたようなレトロな温かさも見ていて楽しめました。

ブリキのおもちゃ博物館 乗り物

ブリキのおもちゃ博物館 展示のブリキのおもちゃ

当時はこんなものが、今とは全然違うなど、新たな発見も多く大人までのめり込んで見てしまいます。

ブリキのおもちゃ博物館 キャラクター

また館内の説明が書きにディズニー作品「トイストーリー」のモデルはココ、ブリキおもちゃ博物館であることも知りました。

作品の監督ジョン・ラセター氏がブリキのおもちゃ博物館に来て「まるでおもちゃが生きているようだ!」と感激して「トイストーリー」の話が生まれたそうです。作品出てくるスリンキー・ドッグのモデルとなったおもちゃなども飾られていました。

ブリキのおもちゃ博物館 トイストーリーのスリンキー・ドッグのモデル

他にも松嶋菜々子さん主演のドラマ「やまとなでしこ(2000年)」で実際に使用されたカメレオンのブリキのおもちゃなども展示されているなど、いかにこの場所が貴重な場所であるのか肌で実感。

カメレオンのブリキのおもちゃ

横浜山手といえば西洋館めぐりが観光では特に人気だけれど、少し寄り道して童心に帰って夢中になる時間もまた楽しみ方のひとつです。店頭には入館料なく利用できるブリキにまつわアイテムを揃えたショップも展開。

ブリキのおもちゃ博物館 概要

■ 所在地
神奈川県横浜市中区山手町239-2

■ 営業時間
9:30~18:00

■ 隣接スポット

横浜山手 おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント