シャープ、個人向けマスク4月21日よりECサイトで販売開始

シャープ、個人向けマスク4月21日よりECサイトで販売開始

シャープは「SHARP COCORO LIFE」のECサイトで個人向けマスクの販売を4月21日(火)より販売開始すると発表しました。

1箱あたり50枚入りの不織布マスク「MA-1050」を発売し、価格は2,980円(送料別)。

一人でも多くの人にマスクを届けるため、1人あたり1箱限定とするほか、購入日含め3日間は再購入を禁止。期間中に複数購入したと判断される場合は、注文をキャンセルとします。

シャープ 個人向けマスクについて

シャープのマスクは、液晶パネルも製造可能な三重県多気工場のクリーンルームで製造。現在日本で販売されている殆どのマスクが中国産といわれていますが、本マスクは日本国内生産のものとなります。

立体三重構造で、花粉よりもさらに小さい生体ウイルスや微粒子からもしっかりガードし、風邪などの際にも他の方への感染を予防します。VFE試験やPFE試験でも99%以上の結果を確認しているとのこと。

高密度フィルターの採用によりPM2.5や花粉の対策として利用でき、鼻のラインに合わせてぴったりフィットするノーズフィッターで、マスクの隙間を減らし、メガネの曇りを抑えます。

本体サイズは約95×175mm。マスクの下部にはSHARPのロゴが入っています。

■ 販売開始日
2020年4月21日(火)

■ 「SHARP COCORO LIFE」のECサイト
https://cocorolife.jp.sharp/mask

※追記3
アクセス集中により抽選販売に切り替えて実施。第1回の2020年4月27日(火)は23時59分まで受付しており当選数は3万箱です。結果は29日までにメールで通知。

※追記2(4月22日午前2時現在):予想を大幅に上回るアクセス集中により購入できない状況が発生、COCORO+サービスに繋がりにくくなる現象が発生。問題解消のため鋭意対策するとし、次回販売については別途案内すると説明しています。

※追記1:21日10時現在アクセス集中によりサーバが落ち、上記ページも開かなくなっています。

■ 販売当初数量
3,000箱/日(15万枚/日)
今後の生産能力の増強に伴い、10,000箱/日(50万枚/日)の販売を目指します。※お一人様1箱(50枚入り)限り

発売から5月10日(日)までは、毎日午前10時頃に在庫を補充。お支払方法は「クレジットカード」のみ、送料は660円(税込、全国一律)で宅配便(佐川急便)でのお届けとなります。

同社は日本政府からの要請を受け、三重工場のクリーンルームにおけるマスクの生産を2月28日に決定。新型コロナウイルス感染症が拡大する中、日本におけるマスクの供給不足を少しでも早く緩和すべく短期間で準備を進め、3月31日より、まずは日本政府向けに出荷を開始いたしました。

マスクの転売行為は法律で禁止されており、違反した場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

※記載内容は、発表日時点の情報です。今後、内容が変更となる場合もあります。

関連記事

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント