金沢シーサイドライン、2021年2月14日始発から午前10時頃まで運休

金沢シーサイドライン、2021年2月14日始発から午前10時頃まで運休

金沢シーサイドラインは、線路の切換工事に伴い、2021年2月14日(日)の始発から午前10時頃まで運休し、バス代行輸送を実施します。

同時間帯において沿線鉄道・バス会社による振替輸送も併せて実施。

今回の切換工事の実施により、金沢八景駅は1番線と2番線の両方が利用できるようになります。また本工事により、金沢シーサイドライン延伸事業が完了します。

運休及び代行輸送・振替輸送について

■ 工事に伴う運休 2021年2月14日(日)始発から午前10時頃まで
始発から午前9時まで新杉田駅~金沢八景駅間 全線運休・午前9時から午前10時まで新杉田駅より順次運転開始(午前10時以降全線運行開始・正常ダイヤとなるまでは時間を要す)
悪天候により工事が延期となった場合は2月21日(日)の同じ時間帯で運休

■ 代行輸送 運休に伴うバスによる代行輸送の実施
上記運休に伴い、当日は代行バスを運行
代行バスは午前5時台から切換工事終了まで予定し、シーサイドライン各駅付近に臨時バス停留所を設置

■ 振替輸送 運休に伴う振替輸送の実施
上記運休に伴い、当日は振替輸送を実施
鉄道:JR東日本、京急電鉄 バス:横浜市営バス、京急バス、横浜交通開発

運休及び代行輸送・振替輸送

臨時バス停

■ 金沢シーサイドライン延伸事業 複線化切換工事
横浜市と横浜シーサイドラインは、暫定運用していた金沢シーサイドライン金沢八景駅(旧駅)から150メートル延伸し、京急線の金沢八景駅と接続する「金沢シーサイドライン延伸事業」を進めています。

複線化切換工事

2019年3月31日に金沢八景駅(新駅)が開業し、現在は単線により金沢八景駅2番線で運行していますが、1番線へも進入するための線路の切換工事(複線化工事)を実施。

実施日:2021年2月13日(土)営業運転終了後から14日(日)午前10時頃まで
降雨、降雪により切換工事の実施を延期する場合あり
予備日:2月20日(土)から21日(日)まで

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

シーサイドライン、2021年2月14日始発から午前10時頃まで運休