三溪園で桜観賞プログラム!開園前入園可能チケット販売や平日限定カフェ企画

三溪園で桜観賞プログラム!開園前入園可能なチケット販売や平日限定カフェ企画

名勝庭園「三溪園」は、2021年3月27日(土)から4月4日(日)までの9日間に本年だけの桜観賞プログラムを開催します。

開園前にひと足早く入園できるチケットの販売や、閉園時間の延長、平日だけのカフェ企画をおこなうほか、万全の感染防止策を講じることで、ピークタイムを避けた桜観賞を提供します。

なお、同園は感染拡大防止のため、夜間開園によるライトアップ「観桜の夕べ」の開催中止を昨年に引き続き今年も決定しています。

桜観賞プログラムについて

■ 開園前の特別入園チケット販売
通常9時の開園の前、8時から入園できる特別チケットを1日50名限定で販売。桜の開花時期は例年開園前から行列ができるほどの人気で、混雑を避けて存分に桜の絶景撮影などを楽しむことができます。※園内の各施設は通常どおりの営業時間

開催:2021年3月27日(土)〜4月4日(日)
料金:ひとり3,000円(税込)
予約:オンラインでの事前購入必要 1日50枚限定
URL:3/27〜3/31入園分:https://sankeien-sakura-01.peatix.com / 4/1〜4/4 入園分:https://sankeien-sakura-02.peatix.com

■ 閉園時間1時間延長
来園時間を分散し混雑を回避するため、通常の閉園時間17時を期間中は18時までに延長。「観桜の夕べ」を開催していた際は、閉園間際はライトアップの明かりがまぶしく夕焼けと桜の景色が楽しめないとの声もありましたが、今年は夕暮れと桜の織りなす風情も堪能できます。

開催:2021年3月27日(土)〜4月4日(日)
料金:通常の入園料金と同じ
予約:不要

■ ニューグランド特製ケーキセット鶴翔閣で提供
普段は特別な時にしか立ち入ることのできない古建築「鶴翔閣」にて、横浜山下町の「ホテルニューグランド」が三溪園のために考案したオリジナルケーキ「抹茶とフランボワのムース」を提供。桜を眺めるだけでなく、三溪園を広く使って楽しめます。※数に限りあり

開催:2021年3月23日(火)〜3月26日(金)、3月29日(月)〜4月2日(金)
時間:11:00〜16:00(ラストオーダー15:30)
料金:2,500円(税サ込・別途入園料必要)
予約:不要

ニューグランド特製ケーキセット鶴翔閣で提供

その他、今年から前売り券のオンライン販売やイオン本牧店での前売り券の販売(3月下旬頃を予定)を開始。混雑が予想される土日は渋滞緩和のために本牧市民公園のプール跡地を臨時駐車場として設けます。

臨時駐車場について
実施日:2021年3月27日(土)・28日(日)・4月3日(土)・4日(日)
料金:乗用車 1日 1,000円
予約:不要

■ 三溪園 おすすめ情報(過去レポ)

横浜おすすめ桜スポット情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント