鎌倉紅谷本店のカフェに「飲むクルミッ子」誕生!クルミッ子を再現した新ドリンク

鎌倉紅谷本店のカフェに「飲むクルミッ子」誕生!クルミッ子を再現した新ドリンク

鎌倉紅谷は、9月30日に制定されている記念日「くるみの日」に合わせ、鎌倉の八幡宮前本店2階のカフェ「Salon de Kurumicco(サロン・ド・クルミッ子)」の新ドリンクメニューとして「飲むクルミッ子」を2020年9月20日(日)より通年で販売します。

「クルミッ子は飲み物です!」をコンセプトに生まれたこちらの商品は、“クルミッ子”の味をドリンクで再現したメニュー。

クルミッ子を40g使用し、味の要である自家製キャラメルとクルミの味はもちろん、キャラメルとクルミをはさむバター生地の風味までもが再現された、「飲むクルミッ子」という商品名そのものを体感できる味にこだわります。

飲むクルミッ子について

飲むクルミッ子の開発は「クルミッ子をコンセプトにしたカフェなのだから、いつか“クルミッ子“を使用したドリンクを作りたい!」という思いからスタート。

クルミッ子
鎌倉紅谷の代表菓子 クルミッ子

単にキャラメル味のドリンクではなく、クルミッ子のクルミ感、生地の風味、全てのバランスを再現したものを作れないか。

そんなバリスタの長年の願いと「クルミッ子のドリンクが飲んでみたい」というファンの願いが合わさり生まれました。

■ 販売期間
2020年9月20日(日)~
※通年商品

■ 販売店舗
八幡宮前本店2階 Salon de Kurumicco(サロン・ド・クルミッ子)

■ 所在地
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4 八幡宮前本店2階

■ 販売価格
720円(税込)

<クルミッ子について>
クルミッ子は、自家製キャラメルにクルミをぎっしり詰め込んでバターの生地で挟んだ、鎌倉紅谷を代表するお菓子。当時主力商品であったサブレー「鎌倉だより」の余った生地を活かそうと、スイスの伝統菓子エンガディナーをヒントに35年ほど前に生まれました。

鎌倉紅谷 おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

鎌倉紅谷本店のカフェに「飲むクルミッ子」誕生!クルミッ子を再現した新ドリンクメニュー