桜木町駅周辺と北仲通地区を結ぶ「さくらみらい橋」が開通

桜木町駅周辺と北仲通地区を結ぶ「さくらみらい橋」が開通

JR桜木町駅新改札口(新南口)と新市庁舎や民間開発が進む北仲通地区をデッキレベルで結ぶ全長約232メートルの歩行者専用の人道橋「さくらみらい橋」が2020年6月25日(木)10時(予定)に開通します。※天候等により変更となる場合もあり

同橋名は「桜(さくら)」の名所である大岡川に架かる橋で「未来(みらい)」につながる前向きなイメージであるとともに地域名が一部含まれていてわかりやすことから決定。※詳細

さくらみらい橋

橋の開通により北仲通周辺地区の安全な歩行ルートの確保や周辺エリアとの連絡強化、来街者の回遊性の向上などが期待できます。なお周辺施設の開業予定日とは異なるのでご注意を。

JR桜木町駅新改札口「新南口」6月27日予定、新市庁舎全館供用開始6月29日。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

桜木町駅周辺と北仲通地区を結ぶ「さくらみらい橋」が開通