横浜港大さん橋の京急ショップは運転台や座席で車両の一部再現!グッズも多数

横浜港大さん橋の京急ショップは運転台や座席で車両の一部再現!グッズも多数

横浜港大さん橋国際客船ターミナル内に2017年4月、京急線沿線以外のエリアに初めて京急電鉄のグッズショップ「おとどけいきゅうプラス」がオープンしました。

店内では大さん橋をモチーフにした限定京急グッズやけいきゅんグッズ、京急バスのグッズなどのアイテムを取り揃えるほか、実物の運転台座席などを展示し車両の一部を再現。

運転台や座席は実際に座ることもできるもできるので子どもから京急ファンまで楽しめるショップです。

おとどけいきゅうプラス

横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階、各ショップが並ぶ山下公園側の通路に構える「おとどけいきゅうプラス」。

おとどけいきゅうプラス

同ショップは正面向かって右側がグッズコーナー、左側に運転台や座席を展示。運転台も座席も誰でも自由に触ることができ、もちろんショップなので入館料などはなく無料で楽しむことができます。

おとどけいきゅうプラス 外観

京急のグッズショップというだけあり、扱っているアイテムも京急線だけでなくバスやけいきゅんのキャラクターグッズなど限られたスペースながらもギッシリ、多種多様なアイテムが並んでました。

おとどけいきゅうプラス アイテム

運転台はこのように大人ひとりでも十分座れる広さを確保し、気軽に設備に触れられます。

京急線 運転台

ショップの外から運転台に向かって写真を撮ると、運転台の窓越しに京急線の運転台を操作している車掌さんのように撮れるので写真スポットとしても魅力。

京急線再現

店内には座席や吊革まで再現されており、ちょっとした京急ミュージアム気分で過ごせました。

京急線 つり革

横浜港大さん橋といえば大型客船や景色が人気のスポットですが、ファンや子連れで訪れた時は「おとどけいきゅうプラス」も楽しみのひとつとなりそうです。店内には鉄道模型の展示もされていました。

■ 住所
神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4 横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階

■ 営業時間
10:30~19:30(大さん橋の営業時間に準ずる)

​■ 定休日
年中無休(年末年始を除く)

2020年1月21日(火)に横浜みなとみらいに歴史的車両「京急デハ230形」の展示や運転体験コーナー、工作体験ができる「京急ミュージアム」がグランドオープンを迎えます。

横浜港大さん橋 おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜港大さん橋の京急ショップは運転台や座席で車両の一部再現!グッズも多数