横浜の海上に12K映像アートミュージアム!2022年元日に宇宙からの“日の出”生中継

横浜の海上に12Kの映像アートミュージアム!2022年元日に宇宙の“日の出”リアルタイム中継

日本電信電話は、横浜市市民局と協力し、2021年12月31日(金)から2022年1月3日(月)にかけて「海に浮かぶ12K映像アートミュージアム 海と空の境界展」を開催します。

本展ではNTTの最新映像技術を用いて、高知・桂浜、長崎・稲佐山の国内2拠点からの12K超ワイド合成映像での初日の出と、宇宙からの日の出の様子を、横浜赤レンガ倉庫前海上に浮かべた長さ55mの洋上ワイドビジョンにリアルタイム中継。

また12K超ワイド映像の臨場感や表現力を感じられるよう、初日の出のリアルタイム中継だけでなく、スポーツをはじめとした環境、観光などの映像を「境界をテーマにした12K映像アート作品」として上映します。

海に浮かぶ12K映像アートミュージアム 海と空の境界展

NTTは、本展にて洋上ワイドディスプレイを用い、感染症によって分断された「つながり」を見直すことをテーマに、超ワイド映像合成技術を活用し複数地点の日の出映像をリアルタイムに「つなぐ」実証実験展示を実施します。

海に浮かぶ12K映像アートミュージアム 海と空の境界展

2022年1月1日(土)は、横浜赤レンガ倉庫前の会場にて、特別ライブ「SUNRISE RELAY」として、NTT研究所が取り組む最新映像技術を用いて、遠隔地の初日の出をリアルタイム中継。

日本有数の初日の出観覧スポットである高知県の桂浜、長崎県の稲佐山からの12K超ワイド合成映像による初日の出と、KIBO宇宙放送局の協力による国際宇宙ステーションから撮影した宇宙からの日の出映像を上映します。

海に浮かぶ12K映像アートミュージアム 海と空の境界展

超ワイド映像合成技術は複数の4Kカメラ映像をリアルタイムにつなげて合成することで、単一のカメラでは撮影できない高精細かつ広視野角のワイド映像を生成。

本技術のポイントはカメラ間の映像の合成面をリアルタイムに導出し、合成すること。合成面を導出するため、縮小した映像フレームに対して大まかに探索し、その後、先の処理で導出された範囲を細かく探索する2段階探索を行い、品質の高い合成映像のリアルタイム生成の実現を可能とします。

海に浮かぶ12K映像アートミュージアム 海と空の境界展 開催概要

■ 開催日程
1.「SUNRISE RELAY」
2022年1月1日(土)6時〜8時まで

2.境界をテーマにした 12K 映像アート作品
2021年12月31日(金)から2022年1月3日(月)8時〜21時まで(3日のみ16時まで)
※船舶運航の安全確保のため一時的にLEDを消灯する時間あり

■ 会場
横浜赤レンガ倉庫前海上
※洋上ワイドビジョンで映像提供

\ 新年おすすめ情報 /

おすすめ関連情報

※掲載情報は公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものと参考にしていただき最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#