横浜高島屋 かながわ名産展「埜庵(のあん)」で彩りかき氷を食べた!梨味も復活

本日より横浜高島屋(横浜駅)で始まった「かながわ名産展」に鵠沼海岸で人気の「埜庵(のあん)」が出店!

4種類の生シロップから3種類を自分でかけるスタイルでいただく「彩り」を今年食べられるのは横浜だけ。

さらに久しぶりに梨味も復活ということで開催当日、現地に足を運んでみると…開店して僅か15分の経過にも関わらず大行列!

かき氷好きとしては諦めきれず、並んで食べてきたので本日はその「彩り」を食べた感想や混雑具合についてご紹介します。

横浜高島屋 埜庵について

横浜高島屋 8階の催会場で開催されているかながわ名産展。埜庵はイートインスタイルのみで注文後は用意された席でいただきます。

シロップは夏いちご埜庵・いせはら梨・柚子しょうが・白桃の4種類。その中から3種類をかけて食べる「彩り(1,300円)」を提供しています。

梨味は埜庵で久しぶりの復活なので、名産展に行く予定のある方はこの味の注文をお忘れなく。

彩りを食べてみた!

かき氷はシロップの他にヨーグルトの練乳がかかっています。(注文時外すことも可能)今回は柚子しょうが以外のシロップを選びました。

イートインコーナーも比較的広め、テーブル席とカウンター席があり大行列するほどの混雑状況のため相席で案内される場合もあります。

席について数分。テーブルに運ばれてきたかき氷。選んだシロップを自分の好みに合わせてかき氷にかけることができます。

中でも梨のシロップはかき氷では食べ馴染みのない味で爽やかさっぱりで3つの中で1番美味しかったです。

シロップはどれも濃厚でトロッとした状態。器いっぱいに盛られた氷は味を変えながら食べ進められるため、最後まで飽きずにいただけたのが良かったです。

器の底にたまった溶けた氷はテーブルに用意されたストローで飲むこともできるので、シロップの混ざったフルーツジュースのように飲めてこちらも美味しかったです。

さいごに

開店15分後に催会場に着いた時には大行列。イートインコーナーをグルッと囲むように列は並び、さらに別の箇所にまで列が続いていました。

途中からは椅子に座りながら待つことができ、意外と進むスピードは早いもののそれでも45分後の入店となりました。

45分と聞くと長く感じる人もいると思いますが、お店で何時間も並ぶことを考えると早いかなと。ご興味のある方は行ってみてくださいね!

かながわ名産展は9月4日(月)まで横浜駅西口、横浜高島屋8階の催会場で開催中です。

関連キーワードからさらに見る!

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

おすすめピックアップ記事

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2017 はまこれ横浜 All Rights Reserved.