京はやしや「抹茶クリームソーダ」そごう横浜店に!昭和から引き継ぐレトロな一杯

京はやしや「抹茶クリームソーダ」そごう横浜店に登場!歴史の長いレトロドリンク

1753年(宝暦3年)創業のはやしやは、夏の暑さを吹き飛ばす爽快なアイスドリンク「抹茶クリームソーダ」をそごう横浜店を含むカフェ店舗各店にて販売中です。

1963年、京はやしやは「茶を喫する」場として金沢の地で日本喫茶「緑」を経営し、当時は“みどりのクリームソーダー”としてメニューを提供。

喫茶店で人気のメロンクリームソーダにひらめきを得て生まれた、ほんのり甘い宇治抹茶仕立てのクリームソーダは当時から好評で、当時と変わらず現在も石臼挽きの宇治抹茶を使用した抹茶クリームソーダ用の特製シロップは各店舗で仕込み、抹茶の旨みやほろ苦さを新鮮なまま存分に味わえる一杯に仕上げます。

抹茶クリームソーダについて

昭和中期、コーヒーやコーラなどハイカラな飲み物を提供する喫茶店は、文化人の社交場として賑わい、1963年に京はやしやは茶文化を守りたいという想いから「茶を喫する」場として金沢の地で日本喫茶「緑」を経営。

日本喫茶「緑」店内の様子
日本喫茶「緑」店内の様子

当時のメニューを見ると「みどりのクリームソーダー 120円」の記載を確認でき、現在販売中の「抹茶クリームソーダ」の起源を遡ると、半世紀以上前の、京はやしや初の喫茶店へと繋がります。

みどりのクリームソーダー 当時のメニュー
日本喫茶「緑」当時のメニュー

1963年当時は大学卒の初任給は15.000円ほどで、映画は200円、ラーメンは1杯50円、コーヒーは1杯60円という時代。120円のクリームソーダはデートのとき、自分へのご褒美として注文されたそうで、ちょっとした贅沢気分を味わえるお洒落なメニューだったことが伺えます。

天然由来の鮮やかな抹茶の緑のグラデーション。甘さ控えめのミルクアイスがほどよく溶け込むクリーミーな抹茶クリームソーダは、当時の面影そのままに、時代の移ろいを感じさせるノスタルジックな空気感に溢れています。

抹茶クリームソーダ

シュワシュワ弾ける遊び心に小粋でまじめな”本格宇治抹茶”を混ぜあわせた、さっぱりおいしい “オトナのクリームソーダ”です。

抹茶クリームソーダ 販売概要

■ 場所
日比谷 林屋新兵衛(825円・税込)、京はやしや各店(新宿、池袋、横浜、大宮)、林屋茶園

■ 販売開始
各店舗にて販売中

※京はやしや晴海直売所では7月9日(土)より週末土日限定で抹茶クリームソーダ(600円・税込)のテイクアウト販売を開始。工場併設店舗ならではのここでしか扱っていない商品も販売。

そごう横浜店 おすすめ情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#