崎陽軒「品川駅仮開業150年記念弁当」店舗・数量限定で予約販売!記念ひょうちゃんも封入

崎陽軒「品川駅仮開業150年記念弁当」店舗・数量限定で予約販売!記念ひょうちゃんも封入

崎陽軒は、横浜市歴史博物館とのコラボとして、JR東日本品川駅と企画した「品川駅仮開業150年記念弁当」を2022年6月10日(金)・11日(土)・12日(日)の3日間、店舗・数量限定で予約販売します。

1872年10月14日の新橋-横浜間の鉄道開通に先立つ同年6月12日、品川-横浜間の路線が仮開業。

仮開業当時、品川の海で海苔の養殖が行われていたことを表現した「ちりめんじゃこと海苔のチャーハン」をはじめ、江戸名物「ねぎま鍋」をイメージしシウマイ弁当の鮪の漬け焼とねぎを炒めた「ねぎま炒め」、江戸時代より東京の特産品とされた小松菜とあさりを合わせた「小松菜とあさりの和え物」などを詰め合わせ、品川・東京らしさを表現します。

品川駅仮開業150年記念弁当について

品川駅仮開業150年記念弁当は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、崎陽軒公式WEBサイトでの完全予約制にて販売。

掛け紙には、横浜市ふるさと歴史財団が運営する横浜開港資料館が所有している品川駅仮開業当時の高輪の海沿いを走り抜ける列車の風景が描かれた錦絵をデザインし、150年という歴史に想いを馳せることができます。

しょう油入れのひょうちゃんも、JR東日本品川駅社員がデザイン原案を制作した「品川駅仮開業150年記念ひょうちゃん」を全2種用意。いずれか1つが封入され、入っているデザインは開けてからのお楽しみです。

「品川駅仮開業150年記念ひょうちゃん」2種類のデザイン
品川駅仮開業150年記念ひょうちゃん全2種(イメージ)

また、横浜市歴史博物館で開催中の特別展「みんなでつなげる鉄道150年」では、崎陽軒が所蔵する初代ひょうちゃん(復刻)やシウマイ娘(レプリカ)も展示されています。

品川駅仮開業150年記念弁当 販売概要

■ 価格
1,300円(税込)

■ 販売数量
3日間合計2,700個 限定

■ 受け渡し日
2022年6月10日(金)・11日(土)・12日(日)
※完全予約制

■ 予約期間
受け渡し日1週間前の10:00より崎陽軒公式サイトにて予約受付開始
2022年6月10日(金)分:6月3日(金)10:00〜8日(水)12:00
2022年6月11日(土)分:6月4日(土)10:00〜9日(木)12:00
2022年6月12日(日)分:6月5日(日)10:00〜10日(金)12:00
※1人1会計につき2個まで
※各日予定数に達し次第予約受付終了

■ 受け渡し場所
品川駅構内催事店舗、大森とうきゅう店、グランデュオ蒲田店、アトレ川崎コンコース店、アトレ川崎店、鶴見駅西口店、シァル鶴見店、シァルプラット東神奈川店、崎陽軒本店ショップ、横浜駅中央店、シァル桜木町店、桜木町駅店 予定

■ 内容
ちりめんじゃこと海苔のチャーハン(トッピング:揚げ枝豆、紅生姜):ちりめんじゃこと海苔を使用した、磯の香りが食欲をそそるチャーハンです。香ばしく揚げたトッピングの枝豆も食感のアクセントに。

小松菜とあさりの和え物:お酢を効かせ、あさりだけにあっさりと仕上げた和え物です。

むき海老とあおさのフリッター:ぷりっと食べ応えのあるむき海老にあおさ海苔をまとわせて揚げます。

ねぎま炒め:シウマイ弁当の「鮪の漬け焼」をほぐし、ねぎとともに炒めます。

昔ながらのシウマイ3個:豚肉と干帆立貝柱が出逢って生まれた豊かな風味が特長の横浜名物です。

その他:春巻き、鶏のチリソース、カニ風味蒲鉾とクラゲと錦糸玉子の酢の物、赤パプリカ素揚げ、あんず、「品川駅仮開業150年記念ひょうちゃん」2種のうち1種をランダムで封入

崎陽軒 おすすめ情報

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#