横濱一品香「春節フェア」“年夜飯(年越しの食事)”特別メニュー期間限定販売!

春餅(チュンビン)

昭和30年創業の横濱たんめん発祥の店「横濱一品香」は、2022年2月1日(火)に訪れる春節にあわせて1月28日(金)より「春節祭フェア」を開催します。

家族や親戚が一堂に会し、繁栄を願う伝統的な正月料理を囲んで盛大に祝うのが春節の風物詩。中国の大陸料理は横濱一品香のルーツであり、横浜の特徴的な麺文化の一つとなったたんめんは、戦後、満州(現中国東北部)から引き揚げてきた料理人が現地の大陸料理の味を再現したのが始まりといわれています。

春節祭フェアでは、そんな横濱一品香ならではの“年夜飯(年越しの食事)”として、中国風クレープの「春餅(チュンビン)」をはじめ、鮮魚や餅といった縁起が良いとされる食材を使用したオリジナル料理を含む全3品を期間限定で用意します。

春節祭フェアについて

■ 春餅(チュンビン)850円・税込
立春を祝う行事食。小麦粉をこねて丸く薄く伸ばして焼いたクレープ状の皮で、様々な食材を包んで食べる薄餅(バオビン)5種類の具材と甜麵醬で楽しめます。

春餅(チュンビン)

■ 本日の鮮魚と絹豆腐のせいろ蒸し 香味醤油 680円・税込
魚料理には、中国語で「魚」の発音が「余」と同じことから、「年年有余(年々収穫に余りがある。ますます裕福になりますように)」という意味が込められています。食べやすいよう切身にして絹豆腐と一緒に強火で蒸しあげ、高温の油で香りを立たせた白葱と、特製の香味醤油で仕上げます。

本日の鮮魚と絹豆腐のせいろ蒸し 香味醤油

■ 餅と季節野菜の中国腸詰炒め 900円・税込
春節に食べる餅を中国語で「年糕(ニエンガオ)」と言い、同じ発音の「年高」にかけて「年年高昇(年を重ねるごとに良くなりますように)」という意味が込められています。新鮮な季節の野菜や、玫瑰(ハマナス)の花を使用した中国酒「玫瑰露酒(メイクイルーシュ)」で香り付けされた独特な風味の中国腸詰(ソーセージ)と一緒に、強火で香り良く炒めた一品です。

餅と季節野菜の中国腸詰炒め

春節祭フェア 概要

■ 販売期間
2022年1月28日(金)~2月下旬(予定)

■ 販売店舗
保土ヶ谷店、若葉台店、港南台バーズ店、相鉄ジョイナス店、小田急マルシェ町田店、ららぽーと横浜店、上大岡ミオカ店、センター南サウスウッド店

おすすめ関連情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#