南インド料理「インドゥ」横浜元町にいながら旅行気分!ランチにカレーとラムチョップ

南インド料理「インドゥ」横浜元町にいながら旅行気分!ランチにカレーとラムチョップ

横浜元町のショッピングストリートから一本裏に入った路地に南インド料理「INDU(インドゥ)」を発見。

これまで意識して“南インド料理”を口にしたことがなかったので週末のお昼に訪れてみました。

テーブル席とカウンター席、テラス席を完備したアットホームなレストランは満席になるほどの人気店。インドカレーとはまた違う新たな食べ方に出会えたのでご紹介です。

INDU(インドゥ)について

横浜元町のショッピングストリートの裏にあり穴場的な雰囲気漂う「INDU」。老舗パン屋さん「ウチキンパン」の近く。

INDU(インドゥ)外観・入口

ネイティブの方がお店を運営し、メニューを見てもあまりよくわからない料理についても親切丁寧に説明を受けられる、接客も素敵なお店です。

INDU(インドゥ)店内の雰囲気

店内はテーブル席とカウンター席を完備。その他に店舗入口の脇にテラス席も設けます。

南インドカレーとラムチョップ

週末に訪れた際は特にランチメニューはなく、グランドメニューからアラカルトで注文するスタイル。「ガーリックマサラ ラムチョップグリル(骨付き2〜3P/1,700円・税別)」はスパイスがよく効き、柔らかく口の中に広がるジューシーさが絶品。

ラムチョップ

臭みは全然なく旨味が凄く美味しさのあまりもっと一皿に盛られていればと切実(笑)ミントとスパイスをあわせたさっぱり爽やかなソースを好みで付けて味変も楽しめましたが何も付けなくても十分美味しかったです。

ラムチョップ

同店のカレーは小麦粉や化学調味料は一切使用せず、フレッシュなカレーリーフはインドから枝ごと輸入。初訪問日は人気メニューと書かれていた「天然海老のマラバールプラウンカレー(1,800円・税別)」を注文しました。

天然海老のマラバールプラウンカレー

大ぶりの海老がゴロッと4つも入った食べ応えのあるカレーで、海老に臭みもなくココナッツの甘味とスパイスを融合させて広がる味わいはインドカレー店で食べるものとも異なり初体験です。

天然海老のマラバールプラウンカレーの大ぶりな海老

インドカレーといえば北インド名物“ナン”のイメージが日本では強いけれど、同店ではナンではなく油を使わずに焼き上げた出来立てのチャパティ(2枚500円・税別)や日本では珍しい南インドならではのローカルなお米・ケララライス(600円・税別)をカレーと一緒に楽しめます。

チャパティ

チャパティは全粒粉をベースに作られた円形に焼かれたものでパンと比べると厚みは薄く香ばしさ広がるもちっとした食感。ふっくら大きく広がるナンとは全く違う食感や味を初めて体型できて面白かったです。

ランチメニューが見当たらずラムチョップ・カレー×2・チャパティとアラカルトで食べたので品数に対しては少し割高(6,270円・税込)な印象を覚えたけれど、初めて口にする素材を活かした美味しさはピカイチ。インド最古の5つ星ホテルのオベイロ出身のシェフが手掛けているそうです。

INDU(インドゥ)店舗

■ 所在地
神奈川県横浜市中区元町1丁目362

■ 営業時間
11:00〜15:00 / 18:00〜

横浜エスニックおすすめ情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント