横浜観光ガイドを見る

横浜元町「プリバティ」の本場バリ料理が超絶品!希少なインドネシア料理店

横浜元町「プリバティ」の本場バリ料理が超絶品!希少なインドネシア料理店

横浜ワールドポーターズ内のインドネシア料理店「スラバヤ」が閉店して以降、インドネシア料理店が横浜に少なく食べたくても食べられない日々を過ごしていた人に朗報!

先日元町商店街を歩いていた時に偶然見つけた「本格バリ料理」の文字、横浜でインドネシア料理を食べることを半ば諦めていた私に希望の光が射しました。

お店の名前はプリバティ。料理は日本のインドネシア店で食べ慣れた味とは良い意味で違う・日本人向けにアレンジしすぎていない本場の味

何を食べても美味しく終始大興奮した私の全力レポを本日はお届けします。

本格バリレストラン「プリバティ」について

プリバティの道中 元町商店街
プリバティの道中 元町商店街

元町商店街内にお店を構えているプリバティ。“本格バリ料理”と書かれたオレンジ色の看板が目印で地下1階におりるとすぐに入り口があります。

■ 所在地
神奈川県横浜市中区元町4-179 第38東京ビル ウィスタリア元町 地下1階

■ 公式サイト
http://pribadi.yokohama

プリバティ 入り口

プリバティ 入り口

扉は閉まっていまっていて中は見えずやや入店に抵抗があったものの扉を開けた先は突然の異国情緒溢れるオブジェ。

明るく気さくな女性店員さんがすぐに席に案内してくださいました。

プリバティ 入り口

本場の味に大興奮!

プリバティ 店内の様子

席は座席とテーブル席、ソファ席、カウンター席と限られたスペースではあるものの様々な用途に併せて用意。日常を忘れられるようなムードある店内で、数年ぶりのインドネシア料理はメニューを見るだけでも興奮を抑えられませんでした。

まずはインドネシアのお酒「アラック(日本でいうと焼酎)」を使ったお酒「プトゥリ ケイジャン(950円)」でスタートです!

プトゥリ ケイジャン

お通しの「フリット」も日本では馴染みのない味付けのインドネシア料理。お通しがこの上なく美味しく以降注文する料理にも期待が掛かる逸品でした。

フリット

続いてサラダ。お店オススメの「ガドガド(950円)」を注文すると運ばれて来たのは不思議なビジュアル。よく見かける軽めの海老せんとは異なるバリバリッとした煎餅の中にサラダが隠れています。

ガドガドサラダ

サラダに予めかかっているピーナッツドレッシングは甘く香辛料も効き、次から次へと食がすすむお料理でした。

続いて揚げ春巻きと思って注文した「テンペ ゴレン(600円)」はポテトを揚げたような食感のお料理でこちらもピーナッツソースを付けていただきます。

テンペ ゴレン

インドネシア料理店では毎回必ず頼んでいるサテはインドネシアでも大人気の鶏モモ「サテ アヤム(600円)」とラム「サテ カンビン(600円)」の2種類を注文。

それぞれ異なる味付けで鶏モモのサテはふっくらジューシーでピーナッツソースでいただきます。中までしっかり味が染み込みシェアして一本では物足りない美味しさでした。

サテ アヤムとサテ カンビン

ラムのサテは臭みはほぼなく鶏モモとは異なり、歯ごたえがしっかり。醤油系の味でスライドオニオンと一緒にいただきます。

鶏モモもラムもどちらも凄く美味しく大満足。こちらのお店に来たら確実に頼みたいおすすめメニューです。

お腹を空かせて訪れたのでさらにガッツリ系のメニューとして「アヤム ゴレン(900円)」も注文。まわりはカリッと中はめちゃめちゃジューシーなスパイスの効いた骨付きの鶏モモです。

アヤム ゴレン

テーブルに用意してある辛味を付けて食べるとさらに美味しくいただけました。こちらも次回来たときは再び頼みたいと思うも他のガッツリ系メニューも口にしたくなるインドネシア料理ならではの味わいです。

食事の最後にはインドネシアの焼きそば「バミ ゴレン(1,100円)」も注文。プリバティで食べた中でも一番驚いたメニューです。

バミ ゴレン

バミ ゴレンは、他のお店でも何度も口にしたことのある料理だったのでその味の違いに驚きました。現地出身のシェフが敢えて日本人向けにアレンジしすぎないからこその味。

お店の方に過去にスラバヤに通ってた話をすると、今は違うが元々は母体が同じでスラバヤのシェフとも友人。スラバヤは日本人向けにアレンジしているから他と似た味付けになってしまうと教えてくださいました。

それ故、プリバティの料理は全体的に日本にあるインドネシア料理店ですら馴染みのない味わいに終始私も興奮しっぱなしでした。

〆のスイーツも注文

ピサン ゴレン アイスクリーム

インドネシアの代表的スイーツ・揚げたてバナナと冷たいアイスクリームの組み合わせ「ピサン ゴレン アイスクリーム(750円)」はもちろん、あまりにも注文した料理が美味しかったので大好きな「マンゴープリン(750円)」にも期待を寄せて頼んでみました。

マンゴープリン

運ばれて来て思ったことはまず価格に対してたっぷりの量だったこと。マンゴープリンはココナッツミルクと一緒にいただきます。

マンゴーの濃厚な旨味が広がる滑らか食感。柔らかすぎることもなく程よい触感が残っていたのがまた良く果肉もプリンの中に混ぜ込まれ、物凄く美味しかったです。

さいごに

料理ひとつひとつの味だけでなくフレンドリーな店員さんとのコミュニケーションや店内の雰囲気、あらゆる面でプリバティにハマりました。

プリバティはディナーのほかにランチ営業も実施。

専門店としてインドネシア料理(バリ料理)を提供しているところは少ないので、まだインドネシア料理自体を口にしたことのない方は凄くおすすめのお店なので食べに行ってみてくださいね!

本格バリレストラン「プリバティ」

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜元町「プリバティ」の本場バリ料理が超絶品!希少なインドネシア料理店

おすすめピックアップ記事