ホテルニューグランド宿泊したら横浜独占の絶景パノラマに1日夢中!1泊2日の宿泊記

ホテルニューグランド宿泊したら横浜独占の絶景パノラマに1日夢中!1泊2日の宿泊記

横浜・山下公園通りのホテルニューグランド

人生で一度は泊まってみたいと夢に見ていたホテルに、山下公園通りのイチョウが紅葉を迎えそうなタイミングを見計らって予約し、先日初めて宿泊してきました。

部屋にいながらも港を目の前に横浜の雄大な景色を堪能でき、宿泊して初めて気づく魅力も多く、ホテルも横浜も一層好きになる時間を過ごせたのでご紹介です。

ホテルニューグランドについて

ホテルニューグランドの目の前は山下公園通り。山下公園との間に位置する通りのことでイチョウの名所として有名です。

山下公園通りのイチョウ

山下公園通りのイチョウは例年11月下旬頃に見頃を迎える傾向にあるので時々様子を見ながら予約を決意。

これまでは地元のホテルに泊まる機会はそう多くなかった私ですが、コロナ禍で旅行する機会も激減し、近くで普段体験しない時間を過ごそうとホテルニューグランドに泊まってみました。

ホテルニューグランド外観

タワー館に泊まる人もぜひ見落とさずに見ておきたいのがニューグランドのシンボル的存在でもある“本館”の大階段。

大階段

階段をあがった先のロビーは天井が高く、クラシックホテルならではの趣を感じながらリラックスできる場所です。大きな窓からちょうど見頃のイチョウが頭を覗かせ、秋を感じながらゆったりと時間まで待っていられます。

ラウンジ

本館は1927年に開業。マッカーサー元帥やチャーリー・チャップリンなど多くの著名人を迎えた、現存する唯一のクラシック・シティ・ホテルです。

ラウンジから見えるイチョウ

ちなみに2階のフェニックスルームは開業当時メインダイニングとして利用され、現在は不定期「ダイニングルーム フェニックス」にてアフタヌーンティーやホテル発祥メニューを楽しめるので気になる方はぜひ。

今回予約した部屋タイプは本館に隣接する“タワー館”のスタンダードフロア「ベイビューコーナーダブル」。

アップグレードについて伺うと嬉しいことに「1人での優雅な旅行、2年前にリニューアルをした部屋に空きがある」とご提案をいただき、スーペリアフロアにまさかの宿泊!※+3,000円(税サ込)部屋タイプにより異なるそう

横浜の景色を心ゆくまで堪能

冬は暗くなるのが早いので明るい時間から景色を堪能しようと決めていたので早々にチェックインし、これがのちにわかる大正解。

ホテルニューグランド 入口

ベイビューコーナーダブルのお部屋に着くと目の前には、これまでに体験したことのない角度から見る圧倒的贅沢な横浜のパノラマビュー!!!

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」

正面には港町・横浜ならではの雄大な港の景色をのぞめ、山下公園や日本郵船氷川丸、さらにその先の横浜ベイブリッジや期間限定で開催中の“動くガンダム”まで見渡せます。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た景色

さらに視点を横に移すとそこには横浜港大さん橋や横浜ランドマークタワー、コスモクロック21など、みなとみらいの街並み。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」みなとみらい側の景色

横浜には数多くのビュースポットがあるものの、この角度、この高さからの景色をひとりで独占というのはこれ以上ない眼福です。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」みなとみらい側の景色

木の下から見上げていたイチョウ並木もこの日だけは横浜を代表するホテルの上から。夢にまで見ていたホテルニューグランドの宿泊当日に晴れの日を引き寄せ、紅葉を満喫できたことは一生の思い出。

山下公園のイチョウ並木

日頃の疲れを癒しに来たわけですが、他に作業する人もいないのでパソコン持参で「はまこれ横浜」もホテルから書いて更新していました。笑

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」作業デスク

ふとパソコンから視点を外すと目の前に横浜の景色が広がっているという環境は贅の極み。景色に夢中で集中力が上がったのか下がったのか最後まで分からず気づいたら夕方です。

そして夕景もまた最高!

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た横浜みなとみらいの夕景

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た横浜ベイブリッジ側の夕景

日が落ち始め、マジックアワーから暗くなるまで少しずつ景色が変わっていく様子を自分だけのスペースで、見たいときにパッと見られ、好きなだけ撮れる時間もホテルステイならでは楽しみ方だなと。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た夕空とみなとみらい

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」夕空とダンダム・横浜ベイブリッジ

ビルとビルの間には富士山を発見。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た富士山

大さん橋から見えることは知っていたけれど、ホテルニューグランドからも見えることを初めて知りました、新たな発見です。

夕空に浮かぶ横浜の景色を最初から最後まで満喫し、次にスタンバイしていた夜景も見事!

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た横浜みなとみらい側の夜景

これまでに2億回ぐらい見たであろう“横浜の夜景”ですが、この日は普段とは違うから眺められる特別な時間です。

コスモクロック21の夜景

日本郵船氷川丸も横浜ベイブリッジも撮って、動くガンダムのあるガンダムファクトリーヨコハマのライトアップもちょっと写りました。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た夜景

また宿泊した日は冬の風物詩・イルミネーションイベント「ヨルノヨ」開催中の期間だったので参加企業が連動して作り上げる特別演出も見応え抜群。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見たヨルノヨの特別演出

遠くから見ると全体がどのように連動しているのかよくわかり、演出時間を待つことなく部屋で寛いでたら“見えちゃう”という特別感も宿泊者特権。

泊まったからこそ魅力に次々と気づけ、ホテルニューグランドの新たな一面に触れられて楽しかったです。

晩御飯はホテル1階の「ザ・カフェ」にて、ホテル発祥グルメで唯一まだ食べたことのなかった「スパゲッティ ナポリタン(2,178円・税込)」を注文。

スパゲッティ ナポリタン

お店は混雑していましたが、順番がまわってくるタイミングになったら電話していただけるという神対応に感謝し、時間を有効活用しながらホテルステイを満喫していました。

 中庭のライトアップ
中庭のライトアップ

本館には素敵な中庭やニューグランドをより深く知れる「歴史展示コーナー」もあるので館内巡りもおすすめです。

ニューグランド歴代のパンフレット
ニューグランド歴代のパンフレット
開業時の本館 ジオラマ
開業時の本館 ジオラマ

部屋に戻ると再び夜景!

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」夜景パノラマ

寝るまで夜景!

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見える夜景

そんな素敵な横浜の夜景に包まれながらあっという間に1日目終了。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」部屋の様子

お部屋にはテレビや持ち込み用冷蔵庫、各種アメニティなども揃い、ベッドの両サイドにはライトのスイッチ、USBポート、コンセントも完備されていました。

アメニティ

朝食のモンテクリストサンド

1日目の幸せ気分そのままに早起きして“朝焼け”も堪能。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た朝焼け

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」から見た朝焼け

朝食付きのプランにしたのでタワー館5階の「ル・ノルマンディ」にて、モンテクリストサンドをいただきました。※他にも洋食セットやアラカルトも用意(当面の間ブッフェサービスは見合わせ)

モンテクリストサンド

朝食は、他に本館5階「熊魚菴 たん熊北店」の和定食やもルームサービスなど自分の好みのものを選択できます。

テーブルに運ばれてきたモンテクリストサンドは芳醇な香りが食欲を一層そそり、出来立てのフレンチトーストはしっとりふわふわ!

モンテクリストサンド

ベーコンやチーズとの塩気とフレンチトーストの甘みで織りなすハーモニーは驚くほど絶妙で、メニューを見て迷っている人が近くにいた横から強く推したくなるほど美味しかったです。

モンテクリストサンド

心地良い音色と雄大な眺望、朝の時間をワンランク上に引き上げてくれる旅ならではの非日常を過ごせました。

小旅行気分で寛げる近場ステイ。観光という目的での宿泊ではなかったけれど、だからこそホテルの中から横浜の新たな魅力を存分に堪能できました。

お部屋から見えた大さん橋に向かっている飛鳥II
部屋から見えた大さん橋に向かっている飛鳥II
遠望に東京スカイツリー

ホテルニューグランドは知っているけれど、ホテルの宿泊はどんな感じなのかと気になっていた方に宿泊レポがいつかどこかの機会で参考になれば嬉しいです。毎日忙しなく頑張っている方、自分へのご褒美におすすめです。

スーペリアフロア「ベイビューコーナーダブル」からの全景

1人でやや緊張気味の私をホテル館内どこに移動してもホテルスタッフの皆さまが心を解きほぐすような絶妙な距離感で接してくださり、次また宿泊するのが楽しみになる1泊2日となりました。

ホテルニューグランド 概要

■ 所在地
神奈川県横浜市中区山下町10番地

■ 価格
スタンダードフロア「ベイビューコーナーダブル」26,500円(朝食・税金・サービス料込)+アップグレード料金
※予約時期により価格は異なる
※景色は宿泊した部屋から撮ったもの・見え方は部屋によって異なる

■ WEB予約
公式サイト / 一休.com / 楽天トラベル / じゃらん / Yahoo!トラベル!

ホテルニューグランド もっと知る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント