名探偵コナン 純黒の悪夢 4DXをイオンシネマみなとみらいで体験した感想

名探偵コナン 純黒の悪夢 4DXをイオンシネマみなとみらいで体験した感想

本日より一部の映画館で上映が始まった「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」の4DXを横浜ワールドポーターズにあるイオンシネマみなとみらいで体験して来ました。

名探偵コナン史上初の4DX上映。名探偵コナンと4DXが全く結びつかないまま上映当日を迎え、いざ本編を観てみると席が揺れ・水しぶき・フラッシュ・エアーなど効果が多く完全にアトラクション。

名探偵コナンという新ジャンルを体感した今勢いそのままに感想をネタバレを避けながらご紹介します。

名探偵コナン 純黒の悪夢 4DX について

名探偵コナン 純黒の悪夢 4DX

数量限定特典のコナンと安室さんのコラボポスタトカードを無事に手に入れてスクリーンへ。

今回意外だった点は過去に体験した4DX専用メガネをかけずに観覧をしたこと。持参した専用メガネの出番はなく飛び出して見えるという演出はなし。飛び出してくる演出をどうコナンの作品に入れ込むのかと期待をしていたのでこの点は少し残念…。

そのため、名探偵コナンの4DXは通常の映画映像に席の揺れやフラッシュ・水しぶき・匂い・エアーなどの効果が加わった形でのストーリー展開となります。

名探偵コナン 純黒の悪夢 感想

純黒の悪夢の本編は既に観ていたので今回は純粋に4DXを楽しんで来ました!

コナン作品の中でも安室さんとの初共演や黒の組織メンバーが多数登場、アクションも多く個人的にも好きな作品のひとつです。

ストーリーの展開に合わせて席が上下左右に揺れたり、振動したり。時に劇場の空気すらも効果により冷んやりしたり匂いがしたりと4DXならではの環境の中で作品を楽しむことができました。

ただ席の揺れに関してはストーリーに無理くり乗せているような箇所も多く感じられたのも正直なところで、この揺れこのタイミングで必要!?笑 という場面も…。

銃撃シーンでのエアー効果・車の走行に合わせた席の振動・アクションシーンでの効果・場面に合わせた劇場の空気・匂いの変化など4DXとの相性が非常に良い部分もクライマックスに向けて増え、見終えた感想としてはコナン作品最高です。

本編終了後には今年上映の最新作「ゼロの執行人」の予告と安室さんの特別メッセージ付き映像特典も見られました。

安室さんと初共演を果たした「純黒の悪夢」を見終えたいま、今年4月に上映する安室さんにスポットを当てた最新作「ゼロの執行人」が楽しみで仕方がありません。

本編のネタバレに関わることには今回触れませんでしたが、名探偵コナンの4DXはどうなのか気になっていた方の参考になれば幸いです。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント