2018年 横浜赤レンガ倉庫でクリスマスマーケット点灯!ツリーやルーフ、本場の雰囲気創出

横浜赤レンガ倉庫にて、冬の風物詩「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が2018年11月23日(金・祝)より始まりました。

今年はドイツの古都 “アーヘン”をモチーフとし、昨年好評のイルミネーションルーフ・ツリー装飾も実施。

本場の世界観を演出するため、現地で制作された同じ型の高さ3メートルのプリンテン人形をエントランスに設置し、来場者を迎えます。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫について

オープン二ングセレモニーが行われ、今年も開催を迎えた「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫

三連休初日ということもあり、オープニングセレモニーから多く人が会場を訪れました。

フェリス・フラウエンコーアによる合唱パフォーマンス後、カウントダウンでツリーとイルミネーションルーフが一斉に点灯し、平成最後のクリスマスマーケットが始まりました。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫オープニングセレモニー

クリスマスマーケットの会場エントランスには高さ3メートルのプリンテン人形を設置。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 エントランス

これは本場ドイツ・アーヘンのクリスマスマーケットで名物のご当地スイーツ「アーヘナープリンテン」をモチーフにしています。

会場内は、ゴールドを貴重としたクリスマスカラーの装飾にグラデーションを加え、温かみのある光を演出。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫イルミネーションルーフ

会場奥(海側)には高さ10メートルの本物のモミの木を使用したクリスマスツリーを設置し、昨年好評の光のトンネル「イルミネーションルーフ」がツリーまでを彩ります。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 クリスマスツリー

ヒュッテ(木の小屋)の屋根にはドイツから輸入した人形を装飾。イルミネーションやクリスマスツリーだけでなくフードやドリンクでもクリスマスの雰囲気を盛り上げます。

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 ヒュッテ

おすすめのフードやドリンク

ドイツから輸入した29棟のヒュッテ(木の小屋)では、クリスマスにぴったりなフードやドリンク、クリスマス雑貨やドイツ雑貨などが並びます。

ヒュッテ

寒い身体を温めてくれる「リンゼンアイントップ」や「シチューパングラーシュ」などドイツの郷土料理を展開。

左:リンゼンアイントップ 右:シチューパングラーシュ
左:リンゼンアイントップ
右:シチューパングラーシュ

ドイツのクリスマスの定番である「グリューワイン」を複数の店で用意し、本場のように飲み比べも楽しめます。

会場限定オリジナルマグカップ
会場限定オリジナルマグカップ(600円)

グリューワインと同じく定番である「シュトレン」やドイツより限定入荷の「アーヘナープリンテン」も販売。

左:アーヘナープリンテン 右:シュトーレン
左:アーヘナープリンテン
右:シュトレン

また、今年はイベント初のクリスマスケーキ(予約可)も、ミシュランのひとつ星を獲得している代官山「レストラン・パッション」から登場し、今年のクリスマスマーケットは昨年以上に魅力溢れるフードが揃っています。

ブッシュドノエル
ブッシュドノエル(L 5,800円 / M 2,800円)

クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 開催概要

■ 期間
2018年11月23日(金・祝)~12月25日(火)
※荒天の場合、休業することがあります

■ 時間
11月24日(土)~12月14日(金)
11:00~21:00 ライトアップ 16:00~21:00
※ツリーのみ23:00まで

12月15日(土)~12月25日(火)
11:00~22:00 ライトアップ 16:00~22:00

※ツリーのみ23:00まで
※ラストオーダーは営業終了時間の30分前

■ 場所
横浜赤レンガ倉庫イベント広場(施設概要)

■ 入場料
無料(飲食・物販代は別途)

■ 特設サイト
https://www.yokohama-akarenga.jp/christmas/

■ 施設概要

横浜赤レンガ倉庫 開催イベント

12月1日(土)から2019年2月17日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫では冬の風物詩「アートリンク」イベントが開催。

クリスマスマーケットでセットで訪れたい人気イベントです。

2018年 横浜クリスマス情報

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント