ブルーボトルコーヒーみなとみらいカフェ、マークイズみなとみらいに!公園活用の屋外席も

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ、マークイズみなとみらいに!公園活用の屋外席も

横浜みなとみらいの商業施設「マークイズみなとみらい」に、横浜エリア2号店となる「ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ」が2020年9月25日(金)にオープンします。※横浜エリア1号店は横浜駅・ニュウマン横浜内

横浜美術館の目の前に位置し、カフェ前のスペースにはブルーボトルコーヒージャパン初の公園を活用した屋外シーティングが広がるカフェです。

丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろん、ドラフトにて楽しめる「ブルーボトルコーヒー ペールエール」や注文後に焼き上げる「リエージュ ワッフル」、ブランチにもぴったりなオープンサンドなどの軽食も用意します。

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェについて

ガラス張りの開放的な空間に、曲線やウッド素材が柔らかさを感じさせる心地よいカフェデザインは、ブランドとして初めて芦沢啓治建築設計事務所が担当。

カフェが位置するエリアを公園として捉え、公園の中心となるシンボルツリーとしてカフェが存在し、その木陰でゲストがゆったりと過ごすことができるような、温かみのある空間をデザインします。

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ

店内の中央に位置する円形のカウンターからチェアに至るまで、店内で使用する家具はみなとみらいカフェのコンセプトに合わせてデザインされたカリモク家具によるオリジナル。

その中でもチェア、テーブルなどのアイテムは芦沢啓治建築設計事務所とコペンハーゲンのデザインスタジオNorm Architectsがデザインを担当し「カリモクケーススタディ」のコレクションとして製品化される予定です。

ランドスケープ、カフェの空間設計、そして家具のディティールに至るまでを一つの体験と考えるデザインアプローチを取ることにより、周囲の景観とのハーモニーを奏でるカフェと家具のデザインに仕上げます。カフェのオープン時には一部の家具の予約販売も予定。

みなとみらいカフェ先行発売

■ COFFEE CAMP MUG BY TSUBAME(3,200円+税)
新潟県燕市で作られている「不変で不偏」をコンセプトにオリジナルのプロダクトを開発している「GLOCAL STANDARD PRODUCTS」の、TSUBAMEシリーズとコラボレートした琺瑯マグカップ。燕三条にある工房にて、一点ずつ丁寧に職人の手によって作られています。

COFFEE CAMP MUG BY TSUBAME

■ BLUE BOTTLE GO BOTTLE(5,400円+税 / 実用容量:355ml)
「RevoMax」とコラボレートした「ブルーボトル ゴー ボトル」は、長時間の保温保冷性能を持ち、コーヒーをフレッシュな状態で持ち運べるほか、炭酸の内圧を逃す仕組みを採用することで、コーヒーペールエールなど炭酸のドリンクの持ち運びにも適したボトルとなっています。

BLUE BOTTLE GO BOTTLE

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ 店舗概要

■ オープン日
2020年9月25日(金)

■ 所在地
横浜市西区みなとみらい3-5-1 マークイズみなとみらい GL階(施設詳細

■ 営業時間
8:00〜20:00

■ 店内席数
屋内26席、屋外ベンチ席(2~3名用)×12台
9/25の時点では席数を減らして営業

■ ブルーボトルコーヒー 関連情報

マークイズみなとみらい おすすめ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ、マークイズみなとみらいに!公園活用の屋外席も