水陸両用バス横浜 スカイダックに初乗車!陸と海から見た絶景の紹介と感想

水陸両用バス横浜 スカイダックに初乗車!陸と海から見た絶景の紹介と感想

2016年8月18日、水陸両用バスの一般利用が開始されたので早速行ってきました。

乗り場は桜木町駅すぐの日本丸メモリアルパーク付近。陸から横浜みなとみらいの景色を楽しんだあと乗り換えをすることなく海からの景色を楽しめます。

地元の私でもバス内ではマニアックな解説があったりと知らない情報も得られ、海からの新たな角度で横浜を見られて大満足でした。

[追記](2016年8月11日)
水陸両用バスのチケット購入方法や乗り場に関する詳細情報を別途公開しました!

水陸両用バス 横浜は予約不可!チケット購入から乗車までの流れ

水陸両用バス「スカイダック」に乗車!

水陸両用バス「スカイダック」

日本丸メモリアルパークそばで乗車チケットを購入。予約販売はなく当日出発30分ほど前から現地にて買うことできます。

バスは約40人乗り。前の方だとスロープから海に飛び込む際にスプラッシュを感じられるのでオススメ!特に右側がお姉さんによるとぬれる確率が高めだそうです。

水陸両用バス「スカイダック」の席

スカイダックから見た横浜の景色

スカイダックの右側の席から様々な景色を撮影してきました。乗らないとわからない風の心地良さ、視点によって変わった見慣れた景色の変化など約70分の乗車時間は楽しくてあっという間です。

定番観光スポット、昔の建物として趣のある神奈川県庁。

水陸両用バス「スカイダック」から見た神奈川県庁

超定番観光スポットを車2台分ぐらいの高さから見える横浜赤レンガ倉庫。

水陸両用バス「スカイダック」から見た横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫からコスモワールド前を通ってパシフィコ横浜という陸路。そのあと海に続くスロープのある方面へ進みます。

水陸両用バス「スカイダック」から見たパシフィコ横浜

スロープから海へ!

横浜メモリアルパークの芝生そばに設けられたスロープを使ったそのままバスがダイブ!

水陸両用バス「スカイダック」でスロープへ

水陸両用バス「スカイダック」とスロープ

かなり激しい水音を立ててバスは海に入っていきます。つい分前まで陸の高いところから景色を見ていたのに突然ガラッと視線の高さが変わり海の上というのを乗り物を変えずに体験できて変な感じでした。

水陸両用バス「スカイダック」が海に飛び込んだときの水しぶきの様子

水辺から見た桜木町駅方面。右の建物が大型ショッピングモールのコレットマーレです。手間の芝生には現在開催中のピカチュウ大量発生チュウのピカチュウたちも。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見た桜木町駅・コレットマーレ

水辺から見た大観覧車やインターコンチネンタルホテル。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たインターコンチネンタルホテル

普段は絶対に見ることのできない真下から、写真に収まりきらない大観覧車を撮影することもできました。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見た大観覧車

横浜のシンボル、ランドマークタワーを水辺から記念の写真を撮れるのも水陸両用バスの魅力です。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たランドマーク

先ほどバスが水路に移動する時に使用したスロープの近くに再び戻り、横浜赤レンガ倉庫方面のコースに変わります。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たスロープ

夜景が楽しめることで人気の万国橋の真下を・・・

水陸両用バス「スカイダック」 万国橋をくぐる瞬間

橋をくぐり振り返ってみると屋形船とランドマークタワーを一緒に見ることができます。陸を散策しても見ることの出来ない新たな景色が凄く多く楽しめます。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見た屋形船とランドマークタワー

神奈川県庁がキングという呼び名に対してクイーンと呼ばれる横浜税関。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見た横浜税関(クイーン)

そして、この日は運よく横浜大さん橋に停泊していた豪華客船ASUKA Ⅱを海の上から見られる貴重な体験もできました。たまたま停泊していた客船に大接近できるとは思っていなかったのでかなり感激!

大さん橋の上から見るよりもはるかに大きく立派に感じました。じっくりと見れて良かったです。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たASUKA Ⅱ

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たASUKA Ⅱ

水陸両用バスのコースはまだまだ終わりません。約70分のコースは見応え十分。横浜みなとみらいの絶景を海から綺麗に眺められました。

ランドマークタワー、横浜赤レンガ倉庫、大観覧車、インターコンチネンタルなど主要観光スポット詰め込み!

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見た横浜みなとみらいの全景

ランドマークタワーに向う帰路。帰りは行きと反対側の景色を見られるので行きに見られなかった景色も最後にしっかり堪能できます。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たランドマークタワー

右側に座った時の帰りには横浜ワールドポーターズや大観覧車がそばにありました。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見た横浜ワールドポーターズ

汽車道の真横から水辺で撮影したランドマークタワーと波を示したスカイライン。

水陸両用バス「スカイダック」 水辺から見たランドマークタワーとスカイライン

バスからは様々な角度でランドマークタワーをはじめ、多くの観光地を楽しめました。見慣れた景色も見方が変わるとこんなにも感じ方・捉え方が変わるんだなと思わせてくれる素敵な旅でした。

横浜みなとみらいが初めての人はもちろん、もう何度も横浜みなとみらいを観光している私も新鮮な気持ちで楽しめました。

ひとり3,500円、子ども1,700円。約70分コースの水陸両用バス。少し高いかなと感じつつも旅の思い出作りをしたい人にはオススメです。

港街の横浜らしい「水」を観光に取り入れた面白い試みは今後も注目していきたいと思います。夜景の運行もあったらさらに魅力は増えそうです。

■ 出発時間:11:00 / 13:00 / 14:30 / 16:00

■ 定休日:なし
*天候や施設・車両整備のため運休やコース変更の場合あり

■ 乗り場:日本メモリアルパーク付近
詳しくはこちらをご覧ください。地図も掲載しています。
横浜みなとみらい「水陸両用バス」の乗り場はどこ?担当者に聞いてきた

[追記](2016年8月11日)
チケット購入方法や乗車に関する詳細情報を公開しました!

[追記](2016年10月3日)
水陸両用バスがグランドオープンしました!

水陸両用バス横浜 スカイダックに初乗車!陸と海から見た絶景の紹介と感想

\ この記事はいかがでしたか? /

公式アカウント:

* 注意事項

当サイトに掲載している写真およびコンテンツの無断使用・無断転載・引用に満たない掲載はいかなる場合であっても一切認めません。利用する際は、お問い合わせフォームより掲載サイトおよび氏名、掲載に関する具体的な内容をお書きの上ご連絡ください。

copyright © 2016 はまこれ横浜 All Rights Reserved.