横浜市営地下鉄、新百合ケ丘駅までの延伸ルートと駅位置が決定

横浜市と川崎市は横浜市営地下鉄ブルーラインの新百合ヶ丘までの延伸ルート駅位置が決定したことを発表

両市は2019年1月に延伸の事業化、説明会や有力ルートの意見募集を実施し、ヨネッティー王禅寺付近を通るルートが選定されました。

あざみ野・新百合ヶ丘間は約6.5キロで4つの新駅が設けられます。新駅の位置については次の通り。

延伸ルートと駅位置

■ 駅位置
あざみ野側から「嶮山(けんざん)」付近、「すすき野」付近、「ヨネッティー王禅寺」付近、「新百合ヶ丘駅南口」付近。

延伸ルートと駅位置

新百合ヶ丘〜あざみ野は移動時間が約20分短縮、約10分(乗換なし)、新百合ヶ丘〜新横浜は約8分短縮となり約27分(乗換なし)となります。

2030年開業予定。

同事業により、沿線地域の活性化・新駅周辺まちづくりの活性化 ・ターミナル駅の交通結節機能強化、沿線地域の公共交通ネットワークの強化を図ります。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント