横浜・八景島シーパラダイスに深海生物の標本にさわれるエリアが誕生!

横浜・八景島シーパラダイスに深海生物の標本に触れるエリアが誕生!

横浜・八景島シーパラダイスは、深海生物「リュウグウノツカイ」「ミツクリザメ」「ラブカ」の冷凍標本の展示を2019年8月19日(月)よりスタートしました。

これらの深海生物を標本として見られることは珍しく、さらに3種類を同時に見られるのは大変希少。

激レア深海生物の冷凍標本にはさわることもでき、その魅力を堪能し、涼しみ、過ごすことができます。

深海生物の展示

深海生物の展示は水族館「アクアミュージアム」のLABO7「未知なる海底谷 深海リウム」で行われ、深海生物の生体展示や解説、映像、剥製とともに、五感を使って楽しめます。

ラブカ

リュウグウノツカイ

アクアミュージアムは700種、12万点の生きものが生活する日本最大級の水族館。昨年(2018年7月)に大規模なリニューアルが行われて、陸や水辺の生きものも加わりました。

横浜・八景島シーパラダイス 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜・八景島シーパラダイスに深海生物の標本に触れるエリアが誕生!