ヨコハマネイチャーウィーク 2018が5月25日より開催!入場無料の自然体験イベント

ヨコハマネイチャーウィーク 2018が5月25日より開催!入場無料の自然体験イベント

横浜市内最大級の面積を誇るこども自然公園で「ヨコハマネイチャーウィーク 2018」が5月25日(金)から27日(日)の3日間開催されます。

子どもと楽しむ大人の自然がテーマの自然体験イベントで昨年初開催となった本イベントは3日間で13,000人が来場。

今年は相鉄線沿線の資産である「自然」をより満喫していただきたいという思いを込め、昨年の8月開催から新緑が美しく屋外でも過ごしやすい5月に開催されます。

こども自然公園の最寄駅「二俣川駅」は今年4月に横浜市西部最大級の新商業施設「ジョイナステラス 二俣川」もオープンしました。

ヨコハマネイチャーウィーク 2018について

ヨコハマネイチャーウィーク 2018について

子ども向け木製遊具のある「キッズパーク」をはじめ、大人も森林浴を楽しめる巨大ウッドデッキやハンモックを公園内に設置し昨年よりも規模を拡大。

着色料や保存料を使用しないプレミアムアイスクリームを扱うコーヒーショップなど、こだわりを持ったお店のキッチンカーが10店舗以上出店し、各日限定のワークショップなど親子で楽しめます。

1.子ども向け木製遊具のある「キッズパーク」や大人がゆったりと森林浴を楽しめる“巨大ウッドデッキ”と“ハンモック”

キッズパーク・巨大ウッドデッキ

■ 場所
ピクニック広場

■ 概要
木製の平均台や昔懐かしいケンケンパができる切り株など自然との共生をテーマにしたアスレチックが登場!

バンブー素材の床の上で裸足でくつろげる巨大ウッドデッキやハンモックも完備し、大人もゆったりと森林浴ができるスペースです。

2.シャボン玉おじさんがフォトジェニックな空間を演出!ライブステージで限定パフォーマンス

シャボン玉

■ 場所
ピクニック広場

■ 概要
ピクニック広場付近では、シャボン玉おじさんによるフォトジェニックなシャボン玉の演出が毎日楽しめます。

ニジノ絵本屋キャラバンによる「絵本×音楽」の絵本読み聞かせライブもピクニック広場内「キッズパーク側ステージ」で開催します。

3.ニューヨークで人気!着色料や保存料を使用しないアイスクリームやオーガニック食材のドーナツなど「食」も充実

食も充実

■ 場所
ドーナツ広場

■ 概要
キッチンカーが10店舗以上出店!

中でも注目は昨年大行列を作った「Lost&Found」でニューヨーカーが愛してやまない「チキンオーバーライス」を提供。

着色料や保存料を使用しないプレミアムアイスクリームが楽しめる「Mighty steps coffee stop」も出店します。

4.ワークショップや大人も子どももゆったり休めるレストスペースを新設

ワークショップ

■ 場所
ピクニック広場、野外活動センター

■ 内容
誰でも美味しいご飯がつくれる魔法の「はらぺこペーパー」でお弁当をつくるワークショップや絵本をつくるワークショップを開催。

野外活動センターには、ドーナツ広場やピクニック広場の混雑時に屋内でくつろげるスペースを今年は新たに完備します。

ヨコハマネイチャーウィーク 2018 概要

■ 日程
2018年5月25日(金)~27日(日)
※雨天決行、荒天中止

■ 時間
10:00~17:30

■ 会場
こども自然公園(神奈川県横浜市旭区大池町65-1)
相鉄線「二俣川駅」から相鉄バスと徒歩で約10分または徒歩約20分
※イベント期間中のみ二俣川駅南口から臨時シャトルバスで約7分

■ 入場料
無料(ワークショップなど一部は有料のプログラムもあり)

■ 主催
Yokohama Nature Week 実行委員会(事務局:相鉄グループ)

■ 共催
横浜市旭区

■ 特別協賛
相鉄グループ

■ 協賛
横浜銀行、興和光学、サントリーコーポレートビジネス

■ 後援
横浜市環境創造局

■ 協力
NPO 法人こども自然公園どろんこクラブ

■ 公式サイト
https://www.ynw.jp/

また、SNSキャンペーンではミッフィーの作者であるディック・ブルーナ氏が手掛けたオリジナル缶バッジを「#ヨコハマネイチャーウィーク」と投稿した先着300名様にプレゼント!

会場でしか手に入らないオリジナルグッズも数量限定で多数用されています。詳しくはホームページをご覧ください。

※写真は昨年の様子

相鉄線 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

ヨコハマネイチャーウィーク 2018が5月25日より開催!入場無料の自然体験イベント