横浜観光ガイドを見る

横浜のインターコンチネンタル ホテル ベジタリアンメニューを通年提供

横浜のインターコンチネンタル ホテル ベジタリアンメニューを通年提供

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルは高まるインバウンド需要に対応するため、今までは個別対応していたベジタリアンメニューを今年7月2日(月)より強化することを発表。

訪日観光客の中でも現在約100万人がベジタリアン、米国ではビーガンの人口がここ数年で6倍になっている一方で日本国内ではベジタリアン対策が進んでいないのが現状です。

そんな中、同ホテルは横浜国際平和会議場に隣接することもありベジタリアンニーズの対応実績が多く、先駆けの試みとしてベジタリアンメニューを館内全レストランにて、通年メニューとして提供を開始します。

ベジタリアンメニューの特徴

ベジタリアンメニュー

2,000名以上の国際会議に参加する人のうち全体の30%はベジタリアン、15%はハラール、5%はグルテンフリーと約50%の人が通常食を食べられないこともあり、今までは案件ごとに個別対応を行ってきた同ホテル。

商品化まで約2ヶ月強という期間で実現できたことにも今までベジタリアンの料理を個別に対応してきたからこそのスピード感が表れています。

ベジタリアン比較表

通年オンメニューになるのは10種類以上あるといわれているベジタリアンの中でもオリエンタル ビーガンオリエンタル ベジタリアンの2種。

ベジタリアン比較表

中でもオリエンタル ビーガンはニンニクやネギなど料理によく使われる食材も使えないため、オリエンタル ビーガンの中国料理フランス料理は特に珍しい印象を覚えます。

従来の味気ない・満足感がない・見た目がイマイチといった常識を覆す、野菜や大豆のみとは思えない本格的な味と目で楽しめる唯一無二の料理を考案。

総料理長 齊藤 悦夫氏
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル
総料理長 齊藤 悦夫氏

総料理長の齊藤氏も「今まで食べたことがないベジタリアンに感動していただけると確信している」とコメントしました。

ベジタリアンメニュー 提供概要

◼︎ 提供開始
2018年7月2日(月)〜通年メニューとして提供
※内容は季節ごとに変わります。

◼︎ 提供場所
中国料理「驊騮(カリュウ)」 /フランス料理「アジュール」 /イタリア料理「ラ ヴェラ」
ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」(ア・ラ・カルト)
インルームダイニング(ルームサービス)および、宴会場

◼︎ 料金・ディナーコースのみ
オリエンタル ビーガン 5,940円
オリエンタル ベジタリアン 7,722円

※税・サービス料込み
※オーシャンテラス(ア・ラ・カルト)、インルームダイニング、宴会は料金が異なります。

メニュー 一例

中国料理「驊騮(カリュウ)」

中国料理「驊騮(カリュウ)」

オリエンタル ビーガンコース
野菜だしの衣笠茸、エノキ茸、湯葉のとろみスープ/特製精進蒸し点心/大豆ミートと根菜の上海黒酢入り甘酢あんソース

オリエンタル ベジタリアンコース
フレッシュ野菜、フルーツ、揚げクルミのサラダ/野菜だしのコーンスープ/揚げ豆腐と茄子のピリ辛黒豆煮込み

フランス料理「アジュール」

フランス料理「アジュール」

オリエンタル ビーガンコース
オードブルより、“フルーツトマトのエスプーマ”/キヌアと岩海苔の野菜たっぷり生姜スープ/車麩のステーキトリュフとポテトのムースリーヌ

オリエンタル ベジタリアンコース
オードブルより、“胡桃と無花果、クリームチーズのタルティーヌ”/白神あわび茸のカツレツ ナッツの衣とレモン

イタリア料理「ラ ヴェラ」

イタリア料理「ラ ヴェラ」

オリエンタル ビーガンコース
冷製フェデリーニ 静岡県産フレッシュトマト和え アリーヴェ EV オリーブオイル風味/大豆ミートのラグーを詰めた丸茄子のグラタン ジェノバ風

オリエンタル ベジタリアンコース
白桃とココナッツミルクの冷製スープ シナモン風味/焼き茄子と豆腐のパートブリック焼き ドライトマトとバジルソース カポナータを詰めた花ズッキーニ添え

ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」

ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」

オリエンタル ビーガン(ア・ラ・カルトメニュー)
・大根とビーツのピクルス カルパッチョ仕立て 豆腐バジルソース 1,100円
・数種の豆と野菜のココナッツカレー ナンを添えて 2,000円
・メープルシュガーと豆乳のアイスクリーム ドライフルーツとナッツ添え 700円

インルームダイニング(ルームサービス)
オリエンタル ビーガンコース
ベジハムと大葉風味の寄せ湯葉 トマトの塩麹ドレッシング/大豆ミートのフライ チリ風味 ココナッツ風味のポテトとともに

※ベジタリアン向け宿泊プランにて提供

宴会
オリエンタル ビーガン【ブッフェメニューより】
豆、ナッツとドライフルーツのアップルビネガーマリネ/揚げ出し豆腐 大豆ミートの餡かけ 生姜の香り/ズッキーニと大根、ベジハムサラダ フレッシュトマトソース

オリエンタル ベジタリアン 【コースメニューより】
ベジハムの和風照り焼き/大豆ミートの串揚げ 季節野菜とライス添え 特製タルタルソースとともに

※写真は各レストラン、宴会のオリエンタルビーガンコースメニュー
※食材は市場の入荷状況などにより、予告なく変更する場合がございます。
※メニューは季節ごとに変わります。

ベジタリアン向けの宿泊プランも新設

■ プラン実施
2018年7月2日(月)~通年

■ 料金
1室 33,000円~(1室2名利用時)

■ プラン内容
1泊2食付き

夕食:ベジタリアンコース(ビーガンワイン1杯付き)
レストランは以下よりお選びいただけます。
中国料理「カリュウ」、フランス料理「アジュール」、イタリア料理「ラ ヴェラ」、ルームサービス

朝食:ブッフェ・ダイニング「オーシャンテラス」
(ブレックファストブッフェ、特製スムージー付き)

関連オススメ情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜のインターコンチネンタル ホテル ベジタリアンメニューを通年提供

おすすめピックアップ記事