横浜 インターコンチネンタルホテル 海側・街側どっちがいい?街側に宿泊した感想と部屋からの景色

横浜 インターコンチネンタルホテル 海側・街側どっちがいい?街側に宿泊した感想と部屋からの景色

横浜でも1、2位を誇る人気のホテル「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」の宿泊部屋にはベイビュー(海側)とシティビュー(街側)が用意されています。

街側の部屋に宿泊した感想や窓から横浜の景色、クラブ インターコンチネンタルルームの特権情報などを本日はご紹介。

これから予約をするけど、街側と海側のどっちを取ればいいんだろ?と迷った方の参考になれば幸いです。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル について

横浜みなとみらいのシンボル・大観覧車「コスモクロック21」と目の鼻の先、特徴的なかたちをしたのが今回ご紹介する「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」です。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル

◼︎ 住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 廊下

部屋に入る前、まずはヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルの廊下からご紹介。

さすが一流のホテルということだけあってかなり綺麗で洗練された美しさに誰もが魅了されるはず!

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 廊下

ルームキーは横浜大好きな人には嬉しい横浜みなとみらいが描かれたカードです。厚みもしっかり、キーも細部までこだわり作られているのが伝わってきました。このルームキーを使って部屋にイン!

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル ルームキー

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 宿泊部屋

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルの街側の部屋に入室。カーテンは閉まり外の様子は入ったときはわかりません。

シックな室内、間接照明でほどよく明るさが抑えてあり落ち着きある雰囲気です。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 街側の客室

ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル 街側の客室

街側の客室からの眺め(夜景)

27階 街側の部屋の眺めがこちら!目の前には横浜ランドマークタワーや大観覧車「コスモクロック21」、コスモワールドが広がり、感動の横浜の夜景!

街側の客室からの眺め(夜景)

今まで何百回と見てきた大好きな横浜の大観覧車。時間になると変わるイルミネーションを部屋から見続けられる体験は貴重で飽きることはありません。

街側の客室からの眺め(夜景)

街側の客室からの眺め(夜景)

街側の客室からの眺め(夜景)

街側の客室からの眺め(夜景)

窓の手間には景色を眺められるようにクッション性のあるソファを完備。背もたれ用のクッションも用意され極上の環境から景色を楽しめました!

街側の客室 窓側に設置されたソファ

夜は明けてからの景色は…。

街側の部屋からの眺め(朝)

夜とはまた違う横浜の景色が広がっていました。

街側の部屋からの眺め(朝)

見慣れた横浜みなとみらいを別の角度見ることのできる街側の部屋。窓から左側に目をやると万葉の湯の屋上や山下公園を、普段は見られない上から角度から眺めることができて新鮮でした。

宿泊者専用の朝食

朝食は宿泊者専用の28階にある会場で洋食ブッフェをいただけました。(クラブ インターコンチネンタルルーム宿泊者)

宿泊者専用の朝食

シェフが目の前で作るふわっふわオムレツ。中にはチーズやトマト、ベーコンなどお好みのトッピングを調理の際に入れていただけます。

会場は数組が限定で入れるスペースで皆さんどなたも品のあるお客さんで静かに朝食を食べていました。

会場からも絶景が広がっていましたが、あまりの静かさにカメラのシャッター音を出す雰囲気ではなく写真は断念。

チェックアウト時のお会計もクラブ インターコンチネンタルルームに宿泊している人は同フロアのレセプションデスクで対応していただけます。混雑を避けスマートにお会計を済ませられる良さがありました。

部屋のあれこれ

◼︎ バスルーム
バスタブとシャワールームの両方を用意!一流ホテルの宿泊経験が浅い私はシャワーカーテンのないバスタブに最初焦りました。

シャワールームであれこれ済ませて、バスタブは浸かるだけのものだったのかな。(不明)

◼︎ アメニティ豊富
ボディソープ・シャンプー・リンス・ボディーローションが複数本用意されていました!

◼︎ 無料コーヒー・ドリンクも
真空になったコーヒー豆から淹れるコーヒーメーカーやインターコンチネンタルホテルと書かれたミネラルウォーターを用意!

客室 アメニティ

街側に宿泊した感想

圧倒的に感動が大きい夜景を部屋から常に見て楽しめたことが何よりも思い出に残る最大の魅力。

また普段歩いて馴染みのある通りやコスモワールド全体が消灯する瞬間が見れたりと、地元だからこその喜びもたくさん感じることができました。

海側の客室の場合、横浜ベイブリッジや海に浮かぶ船が見えるのに対して、今回ご紹介した街側の客室は大観覧車をはじめ、人が歩いていたり夜景のライトアップが変わったりと飽きのこない夜景を長時間楽しめ、大満足。

景色だけでなく空間作りやスタッフさんの対応、どれをとっても最高級。痒いところにも手が届いた細かい配慮、まさに至れり尽くせりの特別な時間を過ごせました。

*部屋からの景色は部屋の位置により掲載写真と異なります。詳細は直接ご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜 インターコンチネンタルホテル 海側・街側どっちがいい?街側に宿泊した感想と部屋からの景色