横浜市庁舎「はち育」無料ワークショップ開催!公園で採れた“みつろう(蜜蝋)”素材に

横浜市庁舎「はち育」ワークショップ開催!公園で採れた“みつろう(蜜蝋)”素材に

横浜市アメリカ山公園は、園内でみつばちを飼育し、みつばちの特性を活かした環境教育プログラム「はち育」や、採蜜したはちみつによる商品開発等の地域連携の促進や地域振興に取り組んでおり、2022年10月23日(日)のサーキュラーエコノミー体験フェス「横浜Plus」にて無料ワークショップを開催します。

ワークショップ当日は“みつろう(蜜蝋)”を材料にした、繰り返し使える食品用ラップ作りを実施する他、みつばちの巣の観察や、生態などを楽しく知ることができるクイズ、紹介パネルを展示。

クイズ挑戦者には、横浜市新杉田公園で採れたはちみつを使用した飴「Honey Drops」を1粒プレゼントし、横浜で採れたはちみつの風味も味わえます。

無料ワークショップについて

■ みつろうラップ作り
横浜市の公園で採れた天然素材の“みつろう(蜜蝋)”を使用して、食品用ラップの代替として活用できる「みつろうラップ」を手作りします。

みつろうラップ作り

みつろうを熱をかけて布に染み込ませることで、水洗いして繰り返し使える“エコなラップ”に。通常、使用後に廃棄されてしまう食品用ラップの代替品として活用でき、自然素材のみで作られているので安心して使用できます。

みつろうラップ作り

みつろう(蜜蝋)は働きばちの腹部の蝋分泌腺から分泌され、みつばちの巣の主成分となっている物質。ワークショップでは、横浜市の元町山手地区にあるアメリカ山公園で採蜜した後の巣を精製したものを材料として使用。

実施時間:10:30より全6回(最終15:15~)
所要時間:約15分
定員:各回5名
参加費:無料
​※各回整理券を配布予定(当日受付)

■ みつばちの巣観察
横浜市アメリカ山公園で飼育している「みつばち」とその「巣」を観察用木箱に入れて会場内に特別展示。通常は見ることができない巣の中での活動の様子を、ガラス越しに間近で観察できます。

みつばちの巣観察

実施時間:10:45より全5回(最終15:30~)
所要:約15分
定員:各回10名
参加費:無料
​※各回整理券を配布予定(当日受付)

■ みつばちクイズ
蜂(はち)にちなみ、全8問のクイズにチャレンジ。身近なみつばちの意外な生態や、驚きの能力を楽しみながら知ることができるオリジナルクイズです。クイズ挑戦者には横浜市新杉田公園で採れたはちみつを使用した飴「Honey Drops」を1粒プレゼント。※プレゼントは無くなり次第終了となります(先着200名)

みつばちクイズ

実施時間:10:30~17:00
所要:約10分
参加費:無料
※開場時間内、随時受付

サーキュラーエコノミー体験フェス「横浜Plus」開催概要

■ 開催日
2022年10月23日(日)

■ 場所
横浜市庁舎 1階アトリウム(神奈川県横浜市中区本町6-50-10)

■ 開場時間
10:30~17:00
※開場時間中「はち育」の各プログラムは受付時間が異なる・材料・プレゼント等がなくなり次第終了

横浜市役所 おすすめ情報

横浜イベントカレンダー

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#