横浜市「道路損傷通報システム」LINE公式カウントで運用!道路の損傷状況を通報可能に

横浜市「道路損傷通報システム」LINE公式カウントで運用!道路の損傷状況を通報

横浜市は、道路の穴ぼこなどの損傷を発見した際、横浜市LINE公式アカウントから、写真や位置情報を送信して通報することができる「道路損傷通報システム」の運用を2021年5月14日(金)より開始します。

横浜市LINE公式アカウントのメニューにある「道路の損傷通報」をタップし、専用トーク画面から案内に従ってて損傷種別や写真、位置情報などを選択・入力。

本シムテムを介して道路損傷の素早い把握とより迅速な対応に繋げます。緊急性が高い場合は、各区土木事務所に直接電話で通報。

道路損傷通報システムについて

■ 運用開始日
2021年5月14日(金)〜

■ 時間
通報:24時間可能
受信確認:平日午前8時45分から午後5時の間

■ 通報例
道路に穴ぼこができている、道路側溝が壊れている、ガードレールが破損している、街路樹が枯れているなど

情報をもとに現地確認等を実施し、横浜市が管理する道路の情報の場合は、補修や経過観察等の対応を検討。私道など横浜市が管理していない場所の情報の場合は対応不可。国など管理者が特定できる場合は、管理者に情報提供することがあります。

※冒頭の画面レイアウトはイメージ・今後変更となる場合があり

横浜市 おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント