横濱ビル解体して跡地に複合施設!海岸通りの横浜市内戦後初の高層ビル

横浜の海岸通り沿いに位置する「横濱ビル」が老朽化により2020年内に営業を終了。

横濱ビル解体して複合施設へ!海岸通りの横浜市内戦後初の高層ビル

本ビルは歴史的建造物としても親しまれ、横浜では戦後初の高層ビルとして1950年(昭和25年)に竣工しました。記事執筆時には大半のテナントがすでに撤退しており、今後ビルは解体され、再開発が予定されています。

横濱ビル

再開発の「(仮称)横浜市中区海岸通計画」によると、再開発後は地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ約99m、最高高さ約112m、延床面積約88,600㎡の複合施設として活用。2023年から解体工事をスタートし、2028年以降の供用開始予定です。※計画発表当時のもの・今後変更となる場合あり

なお、日本郵船歴史博物館が入居する「横浜郵船ビル」については横浜市景観計画において「歴史的建造物」に位置付けられいるため、大部分を保全・活用する計画となっています。

おすすめ関連情報

※掲載情報は公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものと参考にしていただき最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#