横浜ビール「横浜港北フレッシュホップエール」発売!シーズナルビール“めぐりあい meguriai”第4弾

横浜ビール「横浜港北フレッシュホップエール」発売!シーズナルビール“めぐりあい meguriai”第4弾

クラフトビールメーカー「横浜ビール」は、新ブランド「めぐりあい meguriai」の第4弾となる「横浜港北フレッシュホップエール」を2021年10月21日(木)より販売を開始します。

横浜港北フレッシュホップエールは、横浜市港北区「古川原農園」で栽培されたホップ「カスケード」と「センテニアル」約10kgを収穫から3時間以内に仕込釜に投入する”超”フレッシュホップ製法で醸造。

横浜ビールのシーズナルビールは、地元生産者によって作られた貴重な果物やビールの副原料となる農作物を使用します。醸造士が農作物の素材を活かすためにレシピを毎年改良し、生産者、土地の魅力を“めぐる季節”の訪れと共に楽しんでもらいたいという想いが込められています。

横浜港北フレッシュホップエールについて

ホップ収穫は、「横浜ビール」スタッフをはじめ、「古川原農園」の古川原琢さん、ボランティアの方々によって手作業でおこなわれています。

横浜港北フレッシュホップエール

今回は、フレッシュホップの魅力を最大限活かすため、ビールの種類をこれまで醸造してきた「IPA」から「ペールエール」に変更。同じ横浜市内でホップ栽培されている「古川原農園」と「横浜ビール」だからこそ実現できるビールです。

横浜港北フレッシュホップエール

収穫時期が年に一度しかない「新鮮な生のホップ」を使用したシーズナルビールとなっています。

横浜港北フレッシュホップエール

深田優醸造長は「優しい味わいの中にメロンのような青々しい生ホップの香りが感じられるビールになってます。モルトの甘みとホップのバランスが良く、嫌味もなく何杯でも飲めるような仕上がりだと思います。今後ホップ畑が成熟していき、ホップを活かす醸造技術も成長していけたらと思うと楽しみが尽きません!」とコメントしています。

横浜港北フレッシュホップエール 販売概要

■ 発売日
2021年10月21日(木)順次

■ 希望小売価格(税別)
545円

■ 容量
330ml

■ ABV
5%

■ IBU
30

■ 通販サイト
6本セット:https://www.yokohamabeer.shop/items/52906683 / 3本セット(グラス付き):https://www.yokohamabeer.shop/items/53240075

■ 取り扱い店舗
都筑阪急、2416マーケット、デイリーヤマザキ戸塚秋葉町店、横浜高島屋、デイリーヤマザキ新横浜駅前店、そごう横浜
※10月21日(木)より出荷スタート、各販売店に到着次第順次発売・取扱店舗の販売開始時期に関しては発売日の通りではない

横浜ビール関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント