横浜観光ガイドを見る

横浜赤レンガ倉庫 ダンスプロジェクト「崎陽軒」社員が踊るオリジナルダンス動画を配信

横浜赤レンガ倉庫のダンスプロジェクト「崎陽軒」社員が踊るオリジナルダンス動画が配信

23年に渡り「横浜からダンスが広がる、ダンスでつなげる!」をキーワードに国際的なダンスフェスティバル「横浜ダンスコレクション」をプロデュースしてきた横浜赤レンガ倉庫1号館。

横浜赤レンガ倉庫1号館はダンスを楽しんで劇場を知ってもらうことを目指して行われている「企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト」において、新たに企業・地域と劇場が連携して共同制作したオリジナルダンス動画(第二弾)を2018年1月19日(金)に公開しました。

プロジェクト・パートナーは横浜を代表する企業株式会社崎陽軒。オリジナルダンス動画は社員自らが表現者として出演し、崎陽軒の歴史や企業の一体感が垣間見える内容に仕上がっていました。

今年4月に創業110周年を迎える株式会社崎陽軒。地域の皆様にダンスを始めとする文化芸術をより近くで、親しみを持って接していただきたい思いから取り組んだ創業110周年の記念事業としています。

崎陽軒 オリジナルダンス動画について

オリジナルダンス映像のダンサーは社内公募により希望者を募り、ダンスの経験や性別・年齢・部署を超えて幅広い社員が参加。

映像では企業の一体感が、崎陽軒本店や横浜工場、横浜を代表する歴史的建造物や劇場やギャラリースペースを備える横浜赤レンガ倉庫を舞台に表現され、ダンス未経験者が大半とは思えないキレの良いダンスを披露しています。(ショートバージョンはこちら

ダンス動画内には崎陽軒のマスコットキャラクター「ひょうちゃん」を所々で見つけられたり、工場見学を訪れた時に見た場所が映っていたりとダンスパフォーマンス以外の面からも映像を楽しめました。

実際にオリジナルダンスを踊った社員の高井さんに苦労したことを伺うと「大半の人がダンス初心者で0からスタート。教えていただいた正しいストレッチを行うだけでも身体が悲鳴をあげることも多く、身体を慣らすまでも大変だった」とのこと。

ダンサーの皆さんは全員社員のため、通常業務が始まる前に朝6時から集まり限られた時間の中で練習を重ねて作り上げました。

崎陽軒 社員の練習風景(2018年1月16日撮影)
崎陽軒 社員の練習風景(2018年1月16日撮影)

完成したダンス動画を見て、名前も知らなかった・繋がりのなかった社員と新たにコミュニケーションが取れて良かった、多部署の知らなかった面が見れて面白かったなどダンスを通じて得られたものは皆さん大きかったようです。

オリジナルダンスを生で見る機会が2月に!

オリジナルダンス「LinK 110th」

今回ご紹介した崎陽軒社員によるオリジナルダンスは、2018年2月2日から開催される「横浜ダンスコレクション2018」のプログラム「青空ダンス@横浜赤レンガ倉庫」で見ることができます。

崎陽軒の社員によるオリジナルダンス「LinK 110th」は2月11日(日)に披露。生で見る連動した動きは映像で見る以上の一体感を味わえること間違いありません。観覧は無料です。

オリジナルダンス「LinK 110th」

※写真撮影:菅原 康太

企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト

■ 出演
株式会社崎陽軒社員(社内公募)

■ 振付
DAZZLE

■ 音楽
蓮沼執太

■ 映像ディレクション
西野正将

■ 主催・企画
横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]

■ プロジェクト・パートーナー
株式会社崎陽軒

■ 助成
公益財団法人セゾン文化財団

■ 協力
横浜みなとみらいホール[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]・象の鼻テラス

■ 公式サイト
https://akarenga.yafjp.org/event/adp2017/

なお、同プロジェクトの第一弾では「株式会社JVCケンウッド」をプロジェクト・パートナーに迎えました。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

横浜赤レンガ倉庫のダンスプロジェクト「崎陽軒」社員が踊るオリジナルダンス動画が配信

おすすめピックアップ記事