山下公園レストハウスがリニューアル!無料休憩スペースや店舗でのテイクアウト販売など

横浜市は、Park-PFI(公募設置管理制度)を活用し、山下公園レストハウス及び周辺園地の整備・管理運営を行う民間事業者について、横浜市公園公民連携推進委員会の審査を経て決定したと発表。

レストハウス内は大半を無料休憩スペースとし、店舗はテイクアウト販売を基本として展開します。

レストハウス海側の園地にはテラス席を設け、基本的に無料利用できる他、季節により一部分を飲食店の営業区域として活用予定です。

またレストハウス向かって左側(山下公園通り側)の園地は花と緑の豊かな雰囲気のある休憩エリアとし、植栽やベンチ等を設置するとともに、フォトスポットを意識した装飾を施します。

山下公園レストハウス・園地リニューアルについて

山下公園レストハウスの事業者には8法人から構成される共同事業体「山下公園再生プロジェクトグループ」を選定。代表法人は全体マネジメント及び店舗(飲食及び物販)を運営し、構成法人が園地管理等を担います。

代表法人:ゼットン
構成法人:ファンケル、横浜エフエム放送、三菱地所、ケーエムシーコーポレーション、サカタのタネグリーンサービス、tvkコミュニケーションズ、ありあけ

今後は2022度中の供用開始に向けて、基本協定の締結等の手続きを進め、2022年6月以降工事開始予定です。

公募対象エリアの概要
公募対象エリアの概要

山下公園レストハウスは2020年9月まで「ハッピーローソン」があった場所で、以降も横浜ガーデンネックレスや横浜ビー・コルセアーズなどのポップアップショップに活用されていました。

※画像は全てイメージパース・今後変更となる可能性あり

山下公園 おすすめ周辺情報

※掲載情報は特筆のない限り公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものとして参考にしていただき、最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#