国内初「バーチャルハマスタ」8月11日実施!球場の雰囲気を楽しめる次世代型スポーツ観戦

横浜DeNA、国内初の「バーチャルハマスタ」8月11日実施!自宅から野球観戦や応援可能

横浜DeNAベイスターズとKDDIは、新型コロナウイルス感染症の影響により球場への来場人数が制限されるなか、先端テクノロジーを活用して自宅にいながら球場の雰囲気を味わい試合観戦を楽しみ、選手を応援することができる国内初(※1)の「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを2020年8月11日(火)に実施します。

スマートフォンやパソコン、VRデバイスを利用して「バーチャルハマスタ」に来場し、オリジナルアバターを使いながら「バーチャルハマスタ」内を自由に歩き回れるほか、試合の状況に合わせた演出などにより、多くのファンと一緒に実際の球場で応援するような一体感を楽しめます。

この取り組みは2020年6月に締結した「ビジネスパートナーシップ」の一環として実施。

バーチャルハマスタについて

バーチャル空間上にもうひとつの「横浜スタジアム」の一部を構築し、利用者は自宅からスマートフォンやパソコン、VR デバイスを使って「バーチャルハマスタ」に来場できます。

バーチャルハマスタ

オリジナルのアバターを使って「バーチャルハマスタ」内を自由に動き回りながら、多くのファンとコミュニケーションを取ることができ、一緒に横浜DeNAベイスターズを応援するなど球場の雰囲気を楽しめる次世代型のスポーツ観戦です。

球団OBやゲストによる試合の生解説や限定企画、選手をより詳しく知るためのコンテンツやシーズンのハイライト映像なども楽しめます。

今後、横浜DeNAベイスターズとKDDIは、au 5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に加え、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響等による、プロ野球を取り巻くさまざまな環境下においても、持続可能なファンコミュケーションの在り方を合わせて検討していきます。

バーチャルハマスタ 実施概要

■ 利用料金
トライアルのため無料

■ 実施日
2020年8月11日(火)
横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース(午後5時~試合終了まで)

■ 利用方法
スマートフォン、パソコン、VR デバイスから利用可能。利用には「cluster(※2)」の無料アカウント作成と、利用されるデバイス用の「cluster」アプリのインストールが必要です。VRデバイス利用の場合は「SteamVR」のインストールも必要です。

※1:バーチャル空間上に野球場の一部を再現すること。2020年8月4日時点、横浜DeNAベイスターズ、KDDI、調べ。
※2「cluster」はクラスター株式会社が提供するバーチャル SNS

横浜DeNAベイスターズ 関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

国内初「バーチャルハマスタ」8月11日実施!野球観戦・応援可能な次世代型スポーツ観戦