相鉄・JR直通線の開業日が2019年11月30日に決定!

相鉄とJR東日本は、相鉄線からJR線を経由して新宿方面へ直通する、相鉄・JR直通線の開業日が2019年11月30日(土)に正式決定したことを発表。

相鉄・JR直通線

同路線は、相鉄線西谷駅から分岐し、新駅の羽沢横浜国大駅(※)からJR線を経由し、新宿方面へ直通する計画です。行先、停車駅、運行ダイヤなどの詳細は決まり次第公表。

相鉄・JR直通線の開業日が2019年11月30日に決定!

また相鉄は、“横浜の真ん中と、東京の真ん中をつなぐ。相鉄は都心直通。”をスローガンに、相鉄線や沿線の商業施設、JR線、横浜市営地下鉄などで「相鉄・JR直通線」のプロモーション活動を2019年3月29日(金)より展開します。

プロモーション活動について

キービジュアルは、神奈川県横浜市の中央部を東西に走る相鉄線と、東京の都心部を走るJR線が相互につながることを多くの方にわかりやすく伝え、線路をつなぐだけではなくその先にある行動エリアが拡大されるという期待感を表現。

今後は、駅や車内でのポスター掲出の他、相鉄線沿線の商業施設やウェブ広告などでも同じビジュアルで展開し、相鉄・JR直通線開業の認知度向上を目指します。

■ 展開期間
2019年3月29日(金)から2022年度下期(予定)まで

相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線(神奈川東部方面線)とは
相鉄・JR直通線(2019年11月30日開業予定)は、相鉄線 西谷駅と羽沢横浜国大駅(※)間に連絡線を新設し、相鉄線とJR線が相互直通運転を行うものです。

相鉄・東急直通線(2022年度下期開業予定)は、羽沢横浜国大駅(※)と東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線を新設し、この連絡線を利用して相鉄線と東急線が相互直通運転を行うものです。

※神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)は、都市鉄道等利便増進法に基づき、(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構が整備を行っています。駅名については、整備主体である(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構と営業主体である相模鉄道および東急電鉄が、同法に基づく手続きを行ったうえで正式に決定します。

おすすめ関連情報

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

相鉄・JR直通線の開業日が2019年11月30日に決定!