スヌーピーミュージアムが南町田に2019年秋オープン!横浜から車で約30分

スヌーピーミュージアム
スヌーピーミュージアム外観イメージパース
© Peanuts Worldwide LLC

六本木の「スヌーピーミュージアム」は、2018年9月24日(月)に閉館を控え、東急田園都市線「南町田駅」に移転することを発表。※追記:2019年12月14日(土)開業に決定しました。

同ミュージアムは、2019年秋にまちびらきを予定している「南町田グランベリーパーク計画」の中央部分に位置する「パークライフ・サイト」し、規模は六本木の約2倍を予定しています。

南町田駅と言えば、昨年2月に閉館した「グランベリーモール」が記憶に新しく、横浜市民もアクセスの良さから多くの方が利用していたモールのひとつです。

そのグランベリーモール跡地を含む南町田グランベリーパーク内に同ミュージアムがオープンするため、六本木から南町田への移転は横浜市民にとって朗報となりそうです。

スヌーピーミュージアムについて

南町田グランベリーパークは、グランベリーモール跡地と鶴間公園を中心に官民が連携して、都市基盤、都市公園、商業施設、駅などを一体的に再整備し「新しい暮らしの拠点」を創り出していくプロジェクトです。

「南町田グランベリーパーク」俯瞰イメージ
「南町田グランベリーパーク」俯瞰イメージ

スヌーピーミュージアムは鶴間公園と商業施設の中間に位置する「パークライフ・サイト」エリアにオープンし、ミュージアムのほか、本を媒介に人と人との交流を生み出す「まちライブラリー」、ワークショップスペース、子どもクラブ(児童館)、カフェも備えます。

商業施設「グランベリーパーク」内 広場イメージ
商業施設「グランベリーパーク」内 広場イメージ

2019年度中には最寄り駅の名称も現在の「南町田駅」から「南町田グランベリーパーク駅」へ改称。平日も急行列車の停車駅に変わり一層利便性が高まります。

新しくなる「南町田グランベリーパーク駅」イメージ
新しくなる「南町田グランベリーパーク駅」イメージ

またそのほかにも、エスカレーターやホームドアの設置、南北自由通路の整備など駅施設の大型改修の実施を予定しています。

■ 所在地
南町田駅までは横浜から保土ヶ谷バイパス(狩場)を経由で約30分。※渋滞していないとき

■ チケット
一般・大学生 1,800円(2,000円)、中学・高校生 800円(1,000円)、4歳〜小学生 400円(600円)
※括弧内は当日券価格

■ 入館開始時間
10:00〜11:30、12:00〜13:30、14:00〜15:30、16:00〜17:30、18:00〜19:30

※前売券はイープラスで販売。2ヶ月前の1日より販売開始。来館日の前日20:00まで購入可能
※当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合のみ販売
※掲載情報は2019年12月時のもの

※追記(2019年12月11日)
南町田グランベリーパークに行って来ました!

※追記(2019年8月8日)
開業日、テナントが追加で発表されました!

横浜スヌーピー情報

スヌーピーといえば、昨年12月にみなとみらいの「MARINE & WALK YOKOHAMA」内にスヌーピーをテーマにしたレストランがオープンしました。

また、みなとみらい東急スクエアにはスヌーピーグッズなどを販売する「スヌーピータウンショップ」も構えています。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

スヌーピーミュージアムが南町田に2019年秋オープン!横浜から車で約30分