横浜・三溪園完成100周年!紅葉ライトアップエリア拡大・早朝特別チケットも用意

横浜・三溪園完成100周年!紅葉ライトアップエリア拡大・早朝チケットも用意

国指定名勝「三溪園(さんけいえん)」は、完成100周年を記念して「三溪園完成100周年記念 紅葉ライトアップ」を2022年11月23日(水・祝)から12月11日(日)の金・土・日・祝日に開催します。

今年はライトアップエリアを拡大し、三溪園のシンボルである三重塔まで夜間散策できるコースを用意。

さらに、期間中は開園1時間前から入園できる特別チケットも販売し、色とりどりの紅葉を昼と夜にそれぞれ堪能できます。

三溪園完成100周年記念 紅葉ライトアップについて

ジャンパンゴールドを基調とした色味で演出する紅葉や歴史的建造物のライトアップに加え、今年は三溪園のシンボルである「旧燈明寺三重塔」まで散策できるコースを用意します。

紅葉ライトアップ

やわらかい光に導かれるように、幻想的な空間を抜けていくと、三重塔が黄金色に輝く、非日常的な景色が広がります。室町時代の1457年に建てられた重要文化財の三重塔が輝く姿を間近で見ることができるのは今年が初めてです。

また、通常の開園時間より1時間早い8時から入園できる特別チケットを使用すると朝の静かな時間に、紅葉の鑑賞や撮影をゆっくりと楽しむことができます。※1日50名限定

特別チケット

三溪園を代表する紅葉スポットである重要文化財建造物「聴秋閣」奥の遊歩道も期間限定で一般開放。

「聴秋閣」奥の遊歩道

移築前は「三笠閣」と呼ばれていましたが、原三溪は周辺に大きな石を配し、渓谷として紅葉などを植栽し、名を「聴秋閣」と改め、秋に紅葉を楽しむ風情を創出しました。

さらに特別企画として、ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜で人気の和アフタヌーンティー「濱茶膳」と三溪園での散策をゆったり堪能できるプレミアムツアーも実施。

プレミアムツアー

内苑の景観の中心である「臨春閣」、園内随一の紅葉スポット「聴秋閣」奥に広がる遊歩道の散策、金色のイチョウが美しい「春草廬(しゅんそうろ)」での呈茶など、変化に富んだ秋の景色を楽しめます。

三溪園内には、17棟の歴史的価値の高い建造物が配置され、うち10棟が重要文化財に指定。園の創設者である原三溪は、廃仏毀釈等による荒廃から日本の伝統文化を護り伝えるべく、京都や鎌倉などから歴史的建造物の移築をおこないました。1922年に「聴秋閣」の移築の完了をもって三溪園が完成し、今年、完成から100年目を迎えます。

三溪園完成100周年記念 概要

■ 紅葉ライトアップ
期間:11月23日(水・祝)、25日(金)、26日(土)、27日(日)、12月2日(金)、3日(土)、4日(日)、9日(金)、10日(土)、11日(日)
時間:日没~19:30(最終入園19:00)※17:00からは園内の観覧エリアを一部制限
料金:入園料のみ

■ 早朝特別チケット
期間:11月26日(土)、27日(日)、12月2日(金)、3日(土)、4日(日)、9日(金)、10日(土)、11日(日)
時間:8:00~正門より入園可能
料金:3,000円(税込・入園料込)
申込:Peatixにて販売(事前予約制)

■ 遊歩道開放
期間:11月23日(水・祝)~12月11日(日)の毎日
時間:9:00~16:00
料金:入園料のみ

■ プレミアムツアー
開催日:12月3日(土)、 4日(日)
定員:各日10名様(最少催行人数5名)
内容:ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜で食事 / タクシーにて三溪園まで移動 /学芸員による臨春閣・聴秋閣の案内、春草廬にて呈茶
料金:一人45,000円(税込・入園料込)
申込:淡交社ウェブサイトにて販売

<三溪園(さんけいえん)概要>
■ 所在地
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

■ 入園料
大人700円 小・中学生200円 横浜市内在住の65歳以上200円(濱ともカードの提示必要)

三溪園 ライトアップ過去レポ

おすすめ関連情報

横浜イベントカレンダー

※価格やメニューなど掲載情報はいずれも記事公開時のものです。記事内容は今後予告なく変更となる可能性もあるため、当時のものとして参考にしていただき、店舗・施設等にて必ず最新情報をご確認ください。

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

#関連ワード#