桜木町駅にフードホール「キテキ」5つの飲食店が文明開化と食文化をテーマに集結

横浜・桜木町駅にフードホール「キテキ」5つの飲食店が文明開化と食文化をテーマに集結

JR桜木町駅の新改札口「新南口(市役所口)」と駅直結の立地にある商業施設「シァル桜木町アネックス」に、横濱ならではの文明開化と食文化をテーマにしたフードホール「キテキ(KITEKI)」が2020年6月27日(土)にオープンします。

日本初の鉄道路線である新橋駅–横濱駅(現桜木町駅)間が明治5年9月12日に開業。

「“URBAN YOKOHAMA” ALL DAY DINING」をコンセプトに、汽車をモチーフとした要素を盛り込んだ、“横浜ならでは”の食文化を表現した5つの専門店が集結します。

桜木町駅 フードホール「キテキ」について

フードホール「キテキ」には、ミートダイニング「ハングリー・マイナーズ」やノスタルジックな洋食屋「クック・ヴィ」、アイスとガレットのスイートスポット「ハブ・ア・ブレーク」、ベーカリー「コーストライン」、ビアバー「バンカー・バー」の5つの専門店が出店。

フードホール「キテキ」

店内には「横濱」ならではの空間を各所に設け、鉄道発祥の地であることをオマージュし、寝台列車のようなオリエンタルなラグジュアリースペースや調理車両をイメージしたファサードを展開。

フードホール「キテキ」内観

炭坑を運んだ汽車の荷台”バンカー”を再現したバーエリアには、日本初のビール醸造が行われたことやアイスクリームの発祥の地であることをオマージュした大きなビールタンクとミルクタンクをそれぞれ天井にディスプレイします。

フードホール「キテキ」飲食店について

「横濱ビーフ」や「SAGAMIKKO」「相模豚」など食材にもこだわり、モーニング(同ビル内ホテルメッツ宿泊者専用)、ランチ、カフェ、ディナーにて、横浜ならではの食材・食文化をオマージュした料理を堪能できます。

ハングリー・マイナーズ(HUNGRY MINERS)
横濱ビーフを始め、さがみ豚など神奈川産のお肉とともにボリューム満点な“薪焼きグリル”を用意。芳醇な薪の香りをまとったワンランク上のグリルを楽しめます。

ハングリー・マイナーズ(HUNGRY MINERS)

クック・ヴイ(THE COOK V)
ノスタルジックな洋食屋より、横濱発祥といわれるナポリタンを始め、「幸せのビーフシチュー」や「さがみ豚のポークカツレツ」など、こだわりの洋食の数々を提供します。

クック・ヴィ(THE COOK V)

ハブ・ア・ブレーク(Have A Break)
横濱小野ファームのミルクを使用したアイスとデザートガレットのお店。

ハブ・ア・ブレーク(Have A Break)

コーストライン(COAST LINE)
本格感がありながらカジュアルなベーカリー。毎日店内でクロワッサンを焼いて提供します。

コーストライン(COAST LINE)

コーストライン(COAST LINE)

バンカー・バー(BUNKER BAR)
大きなビールタンクが特徴のお酒を楽しむビアバーです。

バンカー・バー(BUNKER BAR)

バンカー・バー(BUNKER BAR)

桜木町駅 フードホール「キテキ」概要

■ 開業日
2020年6月27日(土)

■ 所在地
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-93 シァル桜木町アネックス1階

■ 営業時間
11:00~23:00(L.O. 22:30)
※27日のみ10:00オープン

新型コロナウイルス感染予防の一環としてセミセルフレジを導入。来店者とスタッフの接触時間と、スタッフが現金に触れる頻度を減らし、スムーズな対応を目指します。その他、ビニールカーテンによる仕切り・間隔を開けた席配置・アルコール消毒・スタッフのマスク着用・衛生管理・換気を徹底。

桜木町駅 新改札口「新南口」と商業施設

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

桜木町駅にフードホール「キテキ」5つの飲食店が文明開化と食文化をテーマに集結