横浜駅「長岡食堂」の生姜醤油ラーメンめちゃ旨い!スープも麺もチャーシューも

横浜駅「長岡食堂」の生姜醤油ラーメンめちゃ旨い!スープも麺もチャーシューも

横浜駅西口、ハマボールイアスのすぐ近くに2021年12月オープンした中華そば「長岡食堂」。

お洒落な店構えはとても入りやすい雰囲気で、看板に“生姜”醤油ラーメンの文字を見つけ、生姜好きとしてはぜひ一度口にしてみたいとお昼に食べてきました。

横浜駅チカで生姜がガツンと効いた醤油ラーメンを食べられる場所として新たに覚えておきたいお店だったのでご紹介です。

長岡食堂について

ハマボールイアスの横、新田間川沿いに誕生した新たなラーメン店「長岡食堂」。

長岡食堂 外観・入口

食堂と名が付いているけれど、ラーメンがメインでその他にはお茶漬けご飯やライスなどのサイドメニューがいくつかあるお店です。

長岡食堂 メニュー

新店舗なので清潔感はもちろん、木の温もりを感じるようなお洒落な雰囲気が初来店の私の心を和ませ、店員さんも丁寧親切な対応で入店から退店まで心地良く過ごせました。

券売機で先に食券を購入するスタイル・店内はカウンター席とテーブル席の両方を完備。

半チャーシューメン食べてみた!

生姜醤油に惹かれて入店した私の選択肢は“醤油”一択(塩もあり)、メニューの写真を見ていたらチャーシューも凄く美味しそうだったので「半チャーシューメン(880円・税込)」を注文しました。

半チャーシューメン

お昼時とあって混雑しているものの席に着いて数分待つとすぐにラーメンが運ばれてくる手際の良さも印象的で早速ひと口目のスープから。

半チャーシューメン スープ

ひと口目から期待通りのガツンとした生姜のパンチ力が光り、スープの色の通り醤油は濃いめ。醤油の角はとれてまろやかな口当たりとともに舌の上ではほんのりと甘みも感じられ、何度も何度も味わうヤミツキな美味しさでした。

麺も美味しく中太でもちもち。

半チャーシューメン 中太麺

サラッとしたスープでありながら啜るとスープの味も口の中に一緒に広がり、ほうれん草やナルト、細切りメンマなどの具材と一緒に食感豊かに楽しめました。

チャーシューも増量にした自分を褒めたくなるクオリティ。しっかりと味付けされ脂身少なめで食べやすく、チャーシューの量を半チャーシュー麺、チャーシュー麺と、自分のお腹の具合と相談して決められる選択肢の用意も嬉しかったです。

チャーシュー

生姜の効いた醤油のラーメンといえば横浜では維新商店が有名ですが、“生姜”という共通点はありつつもスープ、さらに麺のタイプも異なり、どちらがではなく、どちらも美味しく、生姜系のラーメン好きにとっては選択肢の増える嬉しい新店舗の誕生。

半チャーシューメン

記憶が新しいうちに維新商店にも再び訪れ(今度は横浜駅の本店で)、自分の記憶の中で味を比べながら今後も楽しみたいと思うお店に出会えました。知らなかった方はぜひ。

長岡食堂 横浜西口店 店舗概要

■ 所在地
神奈川県横浜市西区北幸2丁目2-4

■ 営業時間
11:00~20:00(最新情報はお店にて確認)

おすすめ関連情報

※掲載情報は公開時のものです。公開日から経過している場合は当時のものと参考にしていただき最新情報を店舗・施設等にて事前に確認のうえご利用ください。

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント