モネ展の睡蓮柄Tシャツを着たリラックマが可愛いすぎ!購入場所に要注意

モネ展の睡蓮柄Tシャツを着たリラックマが可愛いすぎ!購入場所に要注意

横浜美術館で2018年9月24日(月・休)まで開催中のモネ展「モネ それからの100年」。

人気のモネの作品が間近に見られるということで、7月14日(土)にスタートしてから平日でも多くの来場者が訪れています。

モネ展とタイアップしたグッズはミュージアムショップ(1階)ではなく、モネ展特設ショップ(2階)でしか入手できないので買い忘れのないようご注意ください。

※価格はすべて税込

画家になりきったリラックマが可愛らしい!

リラックマ ぶらさげぬいぐるみ(1,400円)
リラックマ ぶらさげぬいぐるみ(1,400円)
画像提供:広報事務局

イチオシは、リラックマとのタイアップグッズ。

クロード・モネの絵画がプリントされた「睡蓮」柄Tシャツを着ている画家になりきったリラックマの限定ぬいぐるみ「リラックマ ぶらさげぬいぐるみ(1,400円)」のほか、「リラックマ クリアファイル(A4サイズ、500円)」「リラックマ はがきセット(2枚セット 500円)」の3種類が販売されています。

リラックマ・タイアップグッズはモネ展だけのオリジナルなので、入館時にチェックをお忘れなく!

リラックマ はがきセット 表(2枚セット 500円)
リラックマ はがきセット 表(2枚セット 500円)
画像提供:広報事務局
リラックマ はがきセット 裏(2枚セット 500円)
リラックマ はがきセット 裏(2枚セット 500円)
画像提供:広報事務局

©2018 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

横浜・元町「近沢レース店」オリジナル睡蓮モチーフも

横浜・元町に本店を構える近沢レース店とタイアップしたグッズも見逃せません。「睡蓮」のモチーフと「Monet」の文字が並ぶ、繊細なレースを使ったグッズです。

近沢レース店は「夢とゆとりをレースにこめて」をコンセプトに、明治34年に横浜・元町で操業した歴史あるショップ。モネ展鑑賞の記念に、また横浜ならではのお土産にもおすすめです。

近沢レース店 タオルハンカチ(ピンク・ブル―各1,400円)、ポーチ(パールピンク・パールグレー各3,100円)、メガネケース(パールピンク・パールグレー各2,400円)、アームカバー黒(レース部分は白、3,800円)。

横浜・元町「近沢レース店」オリジナルグッズ

ほかにも、タイアップグッズはいろいろと用意されているのでモネ展鑑賞後に特設ショップを見る時間も確保しておくことをおすすめします。

・鍵善良房(かぎぜんよしふさ)うつろひ(干菓子 1,650円)
江戸時代・享保年間に京都で創業した和菓子店の特製和菓子。モネの庭がテーマとなっており、毎週金曜日に60個入荷します。

・パパブブレ 特製キャンディ(750円)
同展特製の睡蓮の花や葉っぱをイメージした可愛らしいキャンディ。

・SWATi ドライフルーツウォーター(1,350円)
水や紅茶を注ぐと、フルーツやエディブルフラワーが広がります。

・手作り作家シリーズ
ハンドメイド作家によるモネの庭に咲く花々や睡蓮をイメージしたアクセサリーや靴下などを販売。お気に入りの1点モノが見つかるかも。

展覧会公式図録(2,400円)のほか、はがきや型抜きカード、クリアファイルなどのオリジナルグッズは、1階のミュージアムショップ(入場無料)でも販売されています。

モネ展 開催概要

■ 名称
モネ それからの100年

会期
2018年7月14日(土)~9月24日(月・休)

■ 会場
横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1)

■ 休館日
木曜 ※ただし8月16日は開館 

■ 時間
10:00~18:00 ※入館は17:30まで、9月14日(金)・15日(土)は20:30まで

■ 料金
一般1,600円、大学・専門学生1,200円、中学・高校生600円、小学生以下無料 65歳以上1,500円
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)、観覧当日に限り本展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可

■ 主な出品作家
クロード・モネ/マーク・ロスコ/アンディ・ウォーホル/ロイ・リキテンスタイン/サム・フランシス/ルイ・カーヌ/松本陽子/福田美蘭/鈴木理策/丸山直文 ほか

■ 公式サイト
http://monet2018yokohama.jp

関連キーワードからさらに見る!

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント

モネ展の睡蓮柄Tシャツを着たリラックマが可愛いすぎ!購入場所に要注意