• 神奈川県の道の駅 場所と特徴まとめ 横浜に道の駅はあるのか?

神奈川県の道の駅 場所と特徴まとめ 横浜に道の駅はあるのか?

神奈川県の道の駅 場所と特徴まとめ 横浜に道の駅はあるのか?

ドライブの楽しみのひとつでもある各地域にある「道の駅」めぐり。

神奈川県には全部で4つの「道の駅」があります。横浜に道の駅があるのか、気になっていた方も参考に。

県内全ての道の駅を利用したことあるので、場所(地図)と特徴をそれぞれまとめてご紹介します。

神奈川県の道の駅 まとめ地図

神奈川県内4つの「道の駅」(開業予定含む)の場所をひと目で確認できるように、ひとつの地図にまとめました。

神奈川県をドライブ中に、今近くにある道の駅を知りたい方は参考にしてみてください。大きな地図で表示したい方はこちらからご覧ください。

箱根峠

1995年5月30日に誕生した、神奈川県で最初の道の駅「箱根峠」。

■ 所在地
神奈川県足柄下郡箱根町箱根381-22(地図

■ 営業時間
9:00~17:00

箱根峠

名前の通り箱根町に位置し、展望台からは芦ノ湖や駒ヶ岳などの山々、天気が良いと富士山が山の間から少し顔を覗かす景色の良い道の駅です。

箱根峠から見た芦ノ湖

箱根峠から見た富士山

休憩室や軽食コーナー、観光情報を用意したスペースを設けます。お手洗い・駐車場完備。

箱根峠の休憩所

箱根で富士山を見たいなら大観山が最高のおすすめビュースポットです。道の駅の近くには「芦ノ湖(あしのこ)」「箱根関所」「箱根神社」の観光スポットがあります。

大観山から見た富士山

山北

神奈川県内に2番目にできた道の駅「山北」。

■ 所在地
神奈川県足柄上郡山北町湯触317(地図

■ 営業時間
9:00~17:00

山北

国道246号線から丹沢方面に向かう途中に位置し、大自然に囲まれた空気のおいしい道の駅です。

川を挟んで反対側にはキャンプを楽しめる施設「河内川ふれあいビレッジ」もそばにあります。

河内川ふれあいビレッジ

河内川ふれあいビレッジ

地元の特産を扱う売店やちょっとしたレストラン、情報コーナーの利用が可能。駐車場・トイレは24時間。

清川

神奈川県内に3番目にできた道の駅「清川」。2015年、県内18年ぶりに登録された道の駅です。

■ 所在地
神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷2129(地図

■ 営業時間
10:00~18:00

清川

清川村特産品の恵水ポークや清川ゆずスパークリングワインなどの特産物や地場野菜、手作り工芸品を直売。

清川村の観光情報を発信し、県内の道の駅で最も品揃えがよく、規模の大きな道の駅という印象。

清川 休憩スペース

観光スポット「宮ヶ瀬ダム」が近くにあり、セットで訪れるのもありです。駐車場・お手洗いなどは24時間。

足柄・金太郎のふるさと

神奈川県4番目の道の駅「足柄・金太郎のふるさと」。

■ 所在地
神奈川県南足柄市竹松1117番1(地図

■ 営業時間
9:00〜17:00、レストランは10:00〜17:00

当初予定の開業日(2020年4月24日)が新型コロナウイルス感染症拡大防止のため延期となり、2020年6月26日(金)に開業しました!

足柄・金太郎のふるさと

お食事処、足柄茶や足柄牛などのオリジナル商品・直売所を展開する物販コーナーなど充実していて楽しかったです。県内最大規模の道の駅。

■ 足柄・金太郎のふるさと 訪問レポ

\ この情報をシェアしよう! /

はまこれ横浜 Twitter 公式アカウント